久光製薬(4530) 1Qは落ち込んだが、2Qは回復。今来期減益を見込む予想据え置き

QUICK企業価値研究所アナリスト 真下弘司(2017/10/17)

・医療用の苦戦等から今来期減益を予想
企業価値研究所予想の18/2期通期の連結営業利益は前期比6%減の248億円。上期の業績は概ね想定通り推移しており前回予想を据え置く。主力の経皮鎮痛消炎剤「モーラステープ」など医療用医薬品の苦戦や米国子会社ノーベン社の事業戦略変更(営業部門の閉鎖や製造販売承認権の譲渡製品など)の影響で営業減益を予想する。
続く19/2期と20/2期についての連結営業利益も変更なし。19/2期が同6%減の234億円、20/2期は同2%増の238億円を予想する。19/2期は引き続き「モーラステープ」の苦戦を見込んだほか、薬価引き下げの影響もあり減益、20/2期は一般用医薬品の伸長等から増益を予想する。

・四半期営業利益は1Qが11%減、2Qは6%増
18/2期上期の連結営業利益は前年同期比2%減の126億円。四半期別にみると1Qが同11%減の51億円、2Qは同6%増の75億円になる。1Qはノーベン社の落ち込みに加えて、「モーラステープ」を中心とする久光単体の苦戦もあり減益。2Qは久光単体が回復、連結全体でも増益を達成。

・リスクファクター ~医療制度改革と主力製品への依存度の高さ

・アナリストの投資判断 ~今来期減益予想、投資は慎重に
株価は8月23日に年初来安値となる4985円をつけたが、足元は5700円台まで回復。株式相場全般の上昇に加えて18/2期2Qにおいて主力の「モーラステープ」が回復傾向を示していることなどが評価されているようだ。しかしながら、当研究所では今来期は減益を予想しており慎重な投資スタンスで臨みたい。株価の上昇には次の成長を担う新薬の開発などが必要と考える。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)

本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 積水ハウス(1928) 上期は全体として想定内の推移。中期的に増収増益基調を予想

  2. ワークマン(7564) 今期営業3割増益予想へ増額、その後の3年間も年率11%成長見込む

  3. ツムラ(4540) 生薬関連コストの軽減もあり1Qは順調なスタート

  4. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 前回から小幅増額、既存店増収をテコに来期にかけ営業2桁増益続こう

  5. 三井物産(8031) 当研究所予想を微修正するが、最終増益は続くと予想

  6. 国際石油開発帝石(1605) イクシスの生産・出荷は順調も軟調な原油価格を懸念

  7. 武田薬品工業(4502) 買収により業容拡大も利益は低水準、事業譲渡等を織り込み予想を修正

  8. ニコン(7731) 1Qは大幅営業減益だが概ね想定通り。通期36%減益予想に変更なし

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP