富士フイルム(4901)不正会計の影響は軽微。今後は順調な拡大トレンドへ

QUICK企業価値研究所アナリスト
谷林正行(2017/9/4)

・1Qは順調な滑り出し。増収・営業増益予想に変更なし
企業価値研究所の18/3期通期の連結予想営業利益は1860億円(前期比8%増)を据え置く。アジア通貨の動向など一部不透明要因はあるものの、1Qが2桁増益で順調な滑り出しとなったため変更しなかった。来期以降も据え置く。3セグメントとも増収・営業増益が続く見通し。

・新中計を発表。株主還元に積極的に取り組む方針
8月30日に会社側は新中期経営計画「VISION2019」を公表した。最終年度20/3期の目標値は営業利益2300億円など。前回の中計と比べて目標への増益額は小さくなっているが、3年間の株主還元の目標額は増額。1株当たりの年間配当金は10期連続で増配したいとしている。

・1Qは一過性の費用が発生したが営業21%増益
18/3期1Qの連結営業利益は358億円(前年同期比21%増)となった。事務機械などのドキュメントソリューションで不具合による一過性の費用が発生したが、これをカバーして比較的大幅な増益となった。

・リスクファクター ~為替、競合企業との競争激化など

・アナリストの投資判断 ~不正会計の影響は終結。今後は積極的な株主還元策が注目されよう
当研究所では今後の株価について、やや強気にみている。懸念材料であった不正会計の影響について、過去の実績は過年度の有価証券報告書の訂正が終了し、足元の事業展開への影響については1Q実績で大きなマイナス要因がみられなかった。これにより終結したとみて良いだろう。今後の見通しについては、新中計では業績面のサプライズはなかったものの、株主還元に積極的に取り組む方針が打ち出されたことはポジティブな要因であり、当面の値動きは堅調に推移するものとみた。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)

本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. KDDI(9433) 1Qは順調なスタート。今期営業利益予想は6%増の1兆160億円を据え置き

  2. 任天堂(7974) 3Qの大型3作を起爆剤に「Switch」ハード販売が再加速へ

  3. 豊田自動織機(6201) 円安進行も生産準備費用の発生を見込み利益予想を据え置く

  4. 京セラ(6971) 部品事業好調だが、従来予想を据え置き

  5. マツダ(7261) 西日本豪雨や関税引き上げなど不透明要因が大きく予想を据え置く

  6. アステラス製薬(4503) 前提為替レートを見直し予想を修正、来期減益との見方は継続

  7. 三菱地所(8802) 1Qは物件売却が押し上げて営業26%増益も想定内。通期予想を据え置き

  8. 大塚商会(4768) 営業利益予想減額も業績拡大続くとの見方は変わらず

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP