関西電力(9503) 1Q経常利益は大幅増益だが概ね想定線

QUICK企業価値研究所アナリスト 佐久間聰(2019/08/23)

・当研究所は今期経常利益予想2100億円を据え置く
 企業価値研究所では、今20/3期通期の連結経常利益は前期比3%増の2100億円を予想。前回予想を据え置く。燃料価格や燃料費調整制度に基づく料金単価の想定、総販売電力量の見通しおよび原発稼働率の前提を概ね変えていない。1Qは大幅増益だったが、料金転嫁の進展(タイムラグ影響額の改善)、償却方法の変更による減価償却費の減少が主因であり、概ね想定線。高浜原発3・4号機など原発設備への特定重大事故等対処施設(特重施設)の設置については設置期限から1年程度遅れるとした会社側の従来の姿勢に変化は無い様子。会社側も同2%減の2000億円とした期初予想を据え置いた。

・21/3期経常利益は10%減、22/3期は11%増を予想
 21/3期の経常利益は前期比10%減の1900億円、22/3期は同11%増の2100億円を予想。どちらも前回予想を据え置く。21/3期は特重施設の設置の遅れで原発稼働率が低下、燃料費増が響く見込み。22/3期は逆に原発稼働率が向上し利益回復を予想する。特重施設の動向を注視する必要はあるが、設置が1年の遅れにとどまるのであれば業績への影響は限定的との見方を維持。

・リスクファクター ~原発稼働状況、電力改革など

・アナリストの投資判断 ~株価は底堅く推移するとみている
 当研究所では、引き続き高浜3・4号機の特重施設の設置が会社側の説明通り1年の遅れにとどまるのであれば、業績や配当へ与える影響は限定的とみている。中東ホルムズ海峡でのタンカー襲撃事件など地政学リスクが株価の重荷となっているが、指標面での魅力から株価は底堅く推移するとみている。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 関西電力(9503) 利益は横ばい圏が続くとの見方を維持するが、老朽化原発の再稼働を控える

  2. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  3. アルプスアルパイン(6770) 車載向け部品の不振や円高が響き、従来予想を減額

  4. 日本オラクル(4716) クラウドサービス、保守サポートともに好調で最高益更新続く見込み

  5. 積水ハウス(1928) 上期は全体として想定内の推移。中期的に増収増益基調を予想

  6. ワークマン(7564) 今期営業3割増益予想へ増額、その後の3年間も年率11%成長見込む

  7. ツムラ(4540) 生薬関連コストの軽減もあり1Qは順調なスタート

  8. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 前回から小幅増額、既存店増収をテコに来期にかけ営業2桁増益続こう

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP