三越伊勢丹ホールディングス(3099) 来期は改装・五輪効果で営業利益回復見込むが、22/3期会社目標との乖離大

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/08/22)

・足元の売上低迷を受け今期営業13%減益予想に減額
 連結営業利益が前年同期比11%減だった1Q実績や7月の売上低迷を受け、今期の企業価値研究所予想を前期比13%減に減額。三越伊勢丹は1Qの2.5%減収に続き、7月は4.4%減収(梅雨寒で夏物苦戦)。日本橋・新宿の第2期リモデル工事による売場縮小、不採算な一部催事からの撤退、消費増税の影響を考慮すると、ここからの挽回は困難だろう。オンラインビジネスへの挑戦に係るデジタル費用やマンション売却益剥落もあり、2桁減益へ。

・赤字店閉鎖など一段の構造改革に期待
 来期の連結営業利益は前期比31%増の335億円を予想。改装・五輪効果、工事影響の反動により利益回復が進むとの見方を変えていないが、「百貨店離れ」にも歯止めがかからないため、五輪効果が剥落する22/3期は利益停滞を予想。22/3期の会社目標500億円との乖離は大きい。赤字店閉鎖や非コア事業からの撤退、本部人員削減など、一段の構造改革に期待したい。基盤整備を進めているオンラインビジネスについては、実効性が未知数とみて、当研究所予想には織り込んでいない。なお、将来は新宿再開発が成長ドライバーになり得るとみている。

・リスクファクター ~投資回収リスク(改装・デジタル)

・アナリストの投資判断 ~PBRはリーマンショック時を下回り、下値リスクは小さいとみる
 株価下落により足元の実績PBRは0.53倍まで低下。リーマンショック直後を下回るため、更なる下値リスクは小さいだろう。オンラインビジネスへの成長投資よりも、更なる構造改革に踏み込めるか否かが、株価回復の鍵を握るとの考えを継続。杉江社長が日経新聞インタビューで検討を示唆した自己株取得にも期待したい。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 赤字店閉鎖など構造改革が進む一方、早期退職による人件費削減効果を減額

  2. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  3. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、日本橋・新宿改装、五輪効果で21/3期営業利益400億円見込む

  4. ツムラ(4540) 生薬関連コストの軽減もあり1Qは順調なスタート

  5. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 前回から小幅増額、既存店増収をテコに来期にかけ営業2桁増益続こう

  6. 三井物産(8031) 当研究所予想を微修正するが、最終増益は続くと予想

  7. 国際石油開発帝石(1605) イクシスの生産・出荷は順調も軟調な原油価格を懸念

  8. 武田薬品工業(4502) 買収により業容拡大も利益は低水準、事業譲渡等を織り込み予想を修正

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP