三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 債券収益が伸長。いくつかの要因も重なり今期利益の出足は強含み

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2019/08/14)

・1Q連結純利益は24%増で会社目標比43%の進捗
 20/3期1Qの連結純利益は前年同期比24%増の3911億円。会社通期目標に対し43%の高進捗となった。本業収益は債券関連収益の伸長で順調な出足となり、大口貸出先の引当金や米国での訴訟関連の引当金の戻り、タイの関連会社の売却益、三菱UFJニコスの税効果などの要因も利益を押し上げた。企業価値研究所は20/3期の連結純利益を会社目標と同じ9000億円とした予想を据え置く。バンクダナモンの減損リスクなどを考慮したが、今期会社利益目標の未達の可能性はすでにかなり低下したとみる。21/3期、22/3期は進めている戦略出資や構造改革の効果等で引き続き緩やかな増益を予想。

・20/3期の1株当たり年間配当金は3円増配の計画
 19/3期末の普通株式等Tier1比率は規制最終化ベースで会社目標を超過。出資強化の影響などで非常に余裕がある状況でもないが、懸念される水準ではない。20/3期は1株当たり年間配当金を3円増配の25円と計画。配当性向を40%へ引き上げる方針も示しており、機動的な自己株取得も含め株主還元は高水準が続こう。

・リスクファクター ~相場変動、日銀追加緩和等

・アナリストの投資判断 ~当面伸び悩む可能性。5%近い配当利回りには一定の訴求力
 現状20/3期予想PERは7倍、実績PBRは0.4倍程度と歴史的低水準。進めている戦略出資や構造改革の効果による中期的な利益成長、株主還元強化の見通しなどを踏まえると、中長期でみれば上値を追う余地がある水準とみる。ただ、当面は世界経済の減速や世界的な金利低下への懸念がバリュエーション改善の阻害要因となり、株価は伸び悩む可能性がある。約5%まで上昇した株式の配当利回りは、一定の訴求力を有すると評価する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 与信費用の改善で今期利益は想定通り上振れへ。配当増額は想定外

  2. みずほフィナンシャルグループ(8411) 顧客部門、市場部門ともに良い出足。今期会社利益計画は達成を予想

  3. 電通(4324) 世界経済減速の影響強まり今期営業利益予想を13%減の970億円へ235億円減額

  4. 旭化成(3407) 臨時修繕費用の発生や全般的な需要低迷で営業利益を小幅減額修正

  5. 8/19の配信レポート一覧:綜合警備保障(2331)、旭化成(3407)、花王(4452)、他

  6. 第一三共(4568) 1Qは大幅増益スタートだが、研究開発計画の不透明などから予想据え置き

  7. 大塚商会(4768) 消費増税、「Windows7」のサポート終了控えパソコン販売好調。今期20%営業増益予想

  8. オリエンタルランド(4661) 来春の「TDL」エリア刷新、23/3期の「TDS」拡張などをテコに利益成長を予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP