オリエンタルランド(4661) 来春の「TDL」エリア刷新、23/3期の「TDS」拡張などをテコに利益成長を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/08/13)

・35周年の反動を跳ね除け今期1Qは好調持続
 今期1Qは10連休やイベント効果に加え、前期35周年により顧客基盤底上げが進み、周年反動を跳ね除け、入園者数、営業利益ともに増加。これを受け、企業価値研究所は今期予想を入園者数前期比2%減、連結営業利益同9%減へ引き上げたが、残る9カ月は保守的に予想。7月稼働の大型アトラクション「ソアリン」やアプリでの「ファストパス」取得が集客を後押しする期待がある一方、様々なリスクを考慮した。利益面では、記念グッズの反動による商品単価下落やシステム関連費、人件費の増加が足枷に。

・長期的に入園者数4000万人への引き上げは可能
 来期以降は(1)「美女と野獣」関連大型アトラクション新設を含む来春の「TDL」エリア刷新、(2)「アナ雪」エリア等を新設する23/3期の「TDS」拡張などによる入園者数拡大に加え、体験価値向上を反映した価格改定、関連グッズ人気化などによるチケット・商品単価の上昇、新ホテルの貢献により大規模開発の償却負担を吸収し、40周年の24/3期に入園者数3750万人(前期比で年率3%成長)、連結営業利益1775億円(同7%成長)を予想。事務棟や「TDS」拡張用地の開発、「TDL」の更なるエリア刷新の可能性などを考慮すると、長期的に入園者数4000万人レベルへの引き上げは可能だろう。

・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など

・アナリストの投資判断 ~株価は入園者数4000万人への長期成長を織り込んだ水準とみる
 長期保有する個人投資家が多いため、長期的成長シナリオに基づき判断。入園者数4000万人への成長を仮定した当研究所試算に基づくPERが過去10年の平均PER31倍と同水準なため、株価は妥当とみる。更なる株価上昇には変動価格制採用や強気の価格改定、アプリ効果による商品単価の大幅上昇などが必要だろう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. オリエンタルランド(4661) 大規模開発をテコに来期以降、入園者数・営業利益の成長が続く見込み

  2. オリエンタルランド(4661) TDLエリア刷新、TDS拡張等をテコに24/3期にかけ営業利益年率9%成長見込む

  3. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張が通年寄与する24/3期にかけ年率9%の営業利益成長を予想

  4. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張を織り込み24/3期にかけて年率9%の営業利益成長を予想

  5. オリエンタルランド(4661) アプリ導入による商品単価上昇期待を織り込み21/3期営業利益予想を増額

  6. オリエンタルランド(4661) 「美女と野獣」エリア(仮)等が稼働する21/3期に向け入園者数増が続く見通し

  7. アルプスアルパイン(6770) 車載向け部品の不振や円高が響き、従来予想を減額

  8. 日本オラクル(4716) クラウドサービス、保守サポートともに好調で最高益更新続く見込み

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP