任天堂(7974) 「Switch Lite」投入で『ポケモンSS』『あつ森』による子供・女性層開拓の確度増す

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/08/09)

・テンセントと組む中国展開が今後の上振れ要因に
 「Switch」は昨年と違い夏場のソフトラインナップが比較的充実。9月20日に小型・廉価の携帯専用「Switch Lite」の発売も決まり、『ポケモンSS』(11月発売)、『あつ森』(来年3月発売)による子供・女性層開拓の確度が増してきた。今後、「3DS」からの買い替えが進み、「Switch」のライフサイクル長期化につながろう。当研究所予想には織り込んでいないが、テンセントと共同で取り組む中国展開(開始時期未定)も今後の上振れ要因として期待。

・デジタル化加速も22/3期にかけ利益成長を後押しへ
 連結営業利益の企業価値研究所予想は業績表の通り。今期は「Switch」拡販をテコに、「DS」「Wii」全盛期以来、10年ぶりの3000億円超えへ。22/3期にかけてデジタル化の加速も利益成長を後押ししよう。デジタル流通への構造変化は利益率向上、息の長い商機をもたらす。同社のDL比率は同業他社と比べ極めて低く、伸びしろは大きい。有料オンラインサービス「Switch Online」(昨年9月開始)の加入者も1000万人を突破。加入者積み上げによる利用料が安定収益基盤となろう。DL購入がお得になる「カタログチケット」や「Switch」ソフトが無料で遊べる期間限定イベントなど加入者特典により加入率が高まる公算も。

・リスクファクター ~ユーロ安、対中関税引き上げなど

・アナリストの投資判断 ~株価上昇余地ありとみるが、リスクを考慮すると、余り強気の見方はできず
 来期PER(当研究所予想)は18倍。当研究所はこれまで同様、PER20倍前後を適正水準として、株価は尚も上昇余地ありとみる。当研究所予想には中国展開を織り込んでいないが、上記リスクを考慮すると、余り強気の見方はできない。短期的には、今夏配信開始予定の『マリオカートツアー』や9月20日発売予定の「Switch Lite」の立ち上がり、例年9月に行っている「Nintendo Direct」による最新情報などが株価の変動要素となる見通し。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 任天堂(7974) 今期営業利益は3000億円台回復へ、中国展開、デジタル化加速など上振れ要因に期待

  2. 任天堂(7974) 小型版投入を想定し来期以降の「Switch」ハード販売台数を上方修正

  3. 任天堂(7974) 大型3作を投入する年末商戦で「Switch」が再加速するとの見方変えず

  4. 任天堂(7974) 3Qの大型3作を起爆剤に「Switch」ハード販売が再加速へ

  5. 任天堂(7974) 「Switch」の普及やデジタル化をテコに利益成長が続く見込み

  6. 任天堂(7974) 「Joy-Con」活用などによる新たな遊び方提案で「Switch」の更なる躍進も

  7. 任天堂(7974) 「Switch」がファミリー、ライト層を取り込む段階に入るとみて業績予想を増額

  8. みずほフィナンシャルグループ(8411) 顧客部門、市場部門ともに良い出足。今期会社利益計画は達成を予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP