ローソン(2651) 既存店売上回復を受け営業利益予想を小幅増額するも、停滞は避けられない見通し

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/07/26)

・廃棄ロス削減などにより既存店増収の好循環続くか
 4月以降、既存店売上高の回復かつ「7-11」に対する優勢が目立つ。「バスチー」などヒット商品や「PayPay」等のキャンペーンを目当てに来店した顧客に、前期から取り組んできた夕夜間の品揃え強化が奏功した。7月は天候要因から苦戦不可避だが、今後は省人化投資の一環であるセルフレジへの切り替え(今秋全店完了予定)が販売機会ロス縮小にもつながる見込み。また、消費期限間近の弁当・おにぎり購入で顧客へのポイント還元、寄付(子供たちの食事支援など)を行う「Another Choice」を6月から愛媛・沖縄で実験中。これによる廃棄ロス削減が加盟店の発注意欲を高め、売場の品揃え充実を維持できれば、既存店増収の好循環が続く可能性もあり、注目したい。

・来期以降は既存店売上高横ばい圏を想定
 連結営業利益の企業価値研究所予想は業績表の通り。既存店売上高回復を受け前回から小幅増額したが、来期以降は既存店売上高、店舗数ともに横ばい圏を想定しており、停滞は避けられない見通し。今期はITコスト、加盟店支援コスト、金融システム償却の増加をユナイテッド・シネマの好調や差別化戦略が武器の成城石井、投資回収期を迎える中国でカバーし連結営業増益へ。来期以降も成城石井、中国を中心に子会社営業利益は続伸を予想。

・リスクファクター ~コンビニモデルの大幅見直しなど

・アナリストの投資判断 ~来期予想PERは業界苦境期並みで妥当水準と判断、売上回復の持続性に注目
 PER(当研究所予想)は特損が一服する来期で19倍。コンビニ業界苦境期(08/2期~10/2期)の平均並みで、妥当水準とみる。3%近い配当利回り(今期会社計画)も株価を下支えへ。8月以降の売上回復の持続性に注目。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ツムラ(4540) 生薬関連コストの軽減もあり1Qは順調なスタート

  2. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 前回から小幅増額、既存店増収をテコに来期にかけ営業2桁増益続こう

  3. 三井物産(8031) 当研究所予想を微修正するが、最終増益は続くと予想

  4. 国際石油開発帝石(1605) イクシスの生産・出荷は順調も軟調な原油価格を懸念

  5. 武田薬品工業(4502) 買収により業容拡大も利益は低水準、事業譲渡等を織り込み予想を修正

  6. ニコン(7731) 1Qは大幅営業減益だが概ね想定通り。通期36%減益予想に変更なし

  7. 東京電力ホールディングス(9501) 福島第一原発廃炉作業の進捗を見守りたい。同第二原発も廃止へ

  8. オリンパス(7733) 1Qは順調な進捗。今期の大幅営業損益改善見込みを据え置く

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP