世界景気懸念と緩和期待がせめぎ合い【投資情報マンスリー6月】

米の利下げ期待が急浮上

5月の国内株式相場は、日経平均株価の月間の下げ幅が1657円(7.4%)に達し、5カ月ぶりの大きさとなった。米中貿易交渉が暗礁に乗り上げ、両国は再び制裁関税の引き上げの応酬に突入。これに伴い、世界景気の減速懸念が再燃。比較的安定していたドル・円レートも円高基調となり、輸出関連株中心に業績面の不安が広がった。

しかし、6月に入り、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が講演で、利下げに含みを持たせたことで、早期利下げ期待が急浮上。続いて、欧州中央銀行(ECB)も政策金利の引き上げ時期を半年先送りすることを決定。日銀が追加緩和に動くとの思惑も浮上。これらを受け、主要国の株式相場は一転して回復基調となった。

企業収益は年度後半から回復へ

企業価値研究所が5月末時点で集計した2019年度の業績予想は(金融を除く全産業248社ベース)、営業利益が前年度比横ばいとなった。続く20年度の予想は営業利益が同8.4%増。業種別の営業利益予想は、金融を除く19業種中、電力・ガスを除く18業種で増益となる。米中貿易摩擦の激化、中国経済の減速などの懸念を抱えつつも、19年度後半からの収益回復を見込む業種が多い。主要国の金融および財政両面からの政策サポートの継続が見込まれるうえ、産業レベルでの技術革新の潮流は、米中対立が激化するなかでも、内需関連・外需関連を問わず、国内主要企業の業績動向に大きな影響をもたらすことになろう。また、国内主要企業は強化された財務基盤を背景に、株主還元やM&A(企業の合併・買収)などをより積極化する見込み。これらも業績、株価を支えることとなろう。

QUICK企業価値研究所 チーフストラテジスト 堀内敏成)

関連記事

  1. 米中暗転で世界景気に懸念 突破口は先端技術と財務力【投資情報マンスリー5月】

  2. 景気サイクル終盤、米中妥協と政策対応を待つ株式市場【投資情報マンスリー1月】

  3. 米中ヒートアップと世界経済ペースダウン、懸念は越年【投資情報マンスリー12月】

  4. 米国ひとり勝ちが生む不均衡の拡大 不安定な世界経済・金融市場  【投資情報マンスリー11月】

  5. 米中摩擦で株式相場は「西高東低」、日本株の上値重く 【投資情報マンスリー】

  6. 主要企業、19年度の営業利益見通し5.1%増 さらに下方修正 【QUICK企業価値研究所】

  7. 中国底入れ、日米協議、消費増税……重要イベントが試す相場に【投資情報マンスリー4月】

  8. カギ握る米中景気、日経平均1万9000~2万3000円水準【投資情報マンスリー3月】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP