IHI(7013) 利益回復が続くとみるが、工事採算のリスクは依然残る

QUICK企業価値研究所アナリスト 唐木健至(2019/06/03)

・来期以降は航空・宇宙・防衛が回復へ
 企業価値研究所は20/3期の連結予想営業利益を1000億円→880億円(前期比7%増)に引き下げた。航空・宇宙・防衛において、航空エンジンの不正検査発覚後の一時的な操業停止の影響などを考慮したため。ただし、資源・エネルギー・環境の回復などにより前期との比較では増益を見込む。来期以降は新型エンジン「PW1100G」のスペアパーツの需要が立ち上がってくるとみて航空・宇宙・防衛の利益が回復するとみる。このため、連結全体で営業増益が続くと想定している。

・前中計は未達。新中計では利益率改善などに再挑戦
 19/3期を最終年度とする中期経営計画では営業利益率7%などの目標を掲げていたが未達に終わった。新たな中計でも同利益率の改善などに再挑戦する。

・19/3期は営業14%増益
 19/3期の連結営業利益は825億円(前期比14%増)となった。資源・エネルギー・環境で北米プロセスプラントの追加損失が発生したが、前期との比較では改善した。

・リスクファクター ~想定外のコスト発生、財務リスク、為替変動等

・アナリストの投資判断 ~依然、北米プロセスプラントのリスクが残る。当面の株価は現値並みで推移へ
 当研究所では当面の株価について、ほぼ現値並みの水準が続くと想定している。直近の株価はやや回復しているが、これは不正検査でストップしていた航空エンジン整備工場の稼働再開の観測が広まり、実際に再開されたためと考えられる。当研究所ではこの不正検査の問題と北米プロセスプラントをリスク要因と捉えていたが、このうち1つが解消されつつあるに過ぎない。現時点では株価の回復は限定的なものにとどまる公算が大きいとみている。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. IHI(7013) 会社側が18/3期実績見込みを修正。営業利益は増額だがネガティブな印象

  2. 田辺三菱製薬(4508) 「ジレニア」ロイヤリティの大幅減、「ラジカヴァ」も苦戦

  3. 三菱地所(8802) 20/3期は営業利益横ばい見込むも、中期的には増益基調を予想

  4. 三菱マテリアル(5711) 加工事業などの成長を慎重に見直し、当研究所予想を下方修正

  5. ツムラ(4540) 医療用漢方製剤は安定成長を見込むが、一過性要因等から今期は減益予想

  6. 鹿島建設(1812) 中期的には売上高は横ばい見込むも、緩やかな営業減益基調を予想

  7. 三井物産(8031) 当面の事業環境は厳しいが、着実な増益が続くと予想

  8. 三井金属鉱業(5706) 金属事業の採算改善を見込み、20/3期の当研究所利益予想を小幅に上方修正

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP