伊藤忠商事(8001) 最高益更新が続くと予想。次世代ビジネスへの取組みに注目

QUICK企業価値研究所アナリスト 堀内敏成(2019/05/29)

・20/3期も非資源分野中心に増益続くと予想
 企業価値研究所では20/3期の連結純利益予想を前期比5%増の5240億円とする。米中貿易摩擦の激化や世界景気の減速が懸念されるが、同社は傘下の事業会社の収益管理をきめ細かく実施するなど着実に収益力を強化しており、20/3期も非資源分野中心に増益基調を維持するとみている。続く21/3期、22/3期も小幅ながら増益が続くと予想する。

・「第8のカンパニー」を新設。次世代ビジネスにも注力
 同社は7月1日に既存の7セグメントとは別に、「第8のカンパニー」を発足させる予定。総合商社の特徴である「商品ごとのタテ割り組織」の弊害を是正するため、消費者に接する主な事業の資産、人材を移管する意向。将来的には連結純利益で300億円程度を目指すとしている。これらの構想が順調に進めば、既存の組織の活性化につながるとともに、次世代ビジネスの収益化にも寄与しよう。次世代ビジネスに関しては、子会社ユニー・ファミマが展開するコンビニエンスストア(CVS)を核としての中国での事業展開も期待される。

・リスクファクター ~貿易摩擦問題、中国経済の動向等

・アナリストの投資判断 ~堅調な連結業績、株主還元姿勢への高評価など背景に株価は次第に上昇へ
 株価は18年12月に年間の安値となる1740.0円をつけたが、19年に入ってからは回復に転じ、2月に高値2102.0円をつけた。中国政府の景気対策の強化により、中国の景気は回復の兆しが出てきたかに見えたが、米中対立の再燃により、株式市場では世界景気減速への警戒感が再び浮上。しかし、比較的高い配当利回りが下値を支えるとともに、最高益更新が続く見込みの連結業績や積極的な株主還元への評価の高まりから、株価は次第に上昇に向かうと予想する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 伊藤忠商事(8001) 19/3期上期は純利益で過去最高益を更新。堅調な業績続く見通し

  2. 伊藤忠商事(8001) 会社側が19/3期通期の純利益見通しと配当予想を上方修正

  3. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

  4. 伊藤忠商事(8001) 19/3期は18%の最終増益を予想。着実な増益続く見通し

  5. NOK(7240) 3割超の営業増益計画から一転、1割超の営業減益計画へ下方修正

  6. 久光製薬(4530) アジアの苦戦等から1Qは減収・減益、前回予想据え置く

  7. セブン&アイ・ホールディングス(3382) 「7-11」売上失速や「7Pay」不正アクセス問題を勘案し営業利益予想を減額

  8. J.フロント リテイリング(3086) 既存事業革新の鍵を握る大丸心斎橋店新本館、新生渋谷パルコに要注目

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP