オリエンタルランド(4661) 大規模開発をテコに来期以降、入園者数・営業利益の成長が続く見込み

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/05/22)

・「TDL」は来春エリア刷新、「TDS」は23/3期拡張予定
 企業価値研究所は入園者数、連結営業利益について、今期は35周年の反動で減少見込むが、来期以降、成長が続くと予想。(1)「TDS」の大型アトラクション「ソアリン」(7月)、(2)同「美女と野獣“魔法のものがたり”」等の「TDL」大規模開発(来春)、(3)「アナ雪」エリアを含む「TDS」大規模拡張(23/3期)、(4)環境整備などをテコに、(3)が通年寄与する24/3期(「TDR」40周年)の入園者数は3750万人(前期比年率3%成長)へ。体験価値向上を反映した価格改定やアプリのオンラインショッピング活用などによる客単価上昇も加わり、24/3期連結営業利益を1765億円(同6%成長)と見込む。システム費・償却負担の増大を主因に前回利益予想からは引き下げた。変動価格制採用、強気の価格改定などが利益上振れ要因に。

・長期では入園者数4000万人への引き上げ可能に
 事務棟エリアや「TDS」拡張用地などでの開発余地に加え、「TDL」エリア刷新の可能性も鑑み、当研究所は長期的に入園者数4000万人レベルへの引き上げが可能との見方を継続。その場合の連結営業利益を2225億円と試算する。会社側は今期、4期連続の増配を計画。潤沢なキャッシュを活用した株主還元強化に引き続き期待したい。

・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など

・アナリストの投資判断 ~長期的成長シナリオに基づき、尚も株価上昇余地ありとみる
 株主優待目的で長期保有する個人投資家が多いため、長期的成長シナリオに基づき判断。入園者数4000万人と仮定した場合の当研究所試算PERは28倍(過去10年平均31倍)と、尚も株価上昇余地はあると考える。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. オリエンタルランド(4661) TDLエリア刷新、TDS拡張等をテコに24/3期にかけ営業利益年率9%成長見込む

  2. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張が通年寄与する24/3期にかけ年率9%の営業利益成長を予想

  3. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張を織り込み24/3期にかけて年率9%の営業利益成長を予想

  4. オリエンタルランド(4661) アプリ導入による商品単価上昇期待を織り込み21/3期営業利益予想を増額

  5. ツムラ(4540) 医療用漢方製剤は安定成長を見込むが、一過性要因等から今期は減益予想

  6. 鹿島建設(1812) 中期的には売上高は横ばい見込むも、緩やかな営業減益基調を予想

  7. 三井物産(8031) 当面の事業環境は厳しいが、着実な増益が続くと予想

  8. 三井金属鉱業(5706) 金属事業の採算改善を見込み、20/3期の当研究所利益予想を小幅に上方修正

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP