トヨタ自動車(7203) 北米拠点の収益改善は時間を要しようが、堅調な業績推移を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 小西慶祐(2019/05/14)

・会社側は3%営業増益を計画。自己株式取得も発表
 20/3期の連結営業利益計画について会社側は、前期比3%増の2兆5500億円を計画。為替円高の影響はあるが、原価改善や減価償却方法の変更がプラスに働く見通し。為替レートの前提は、1ドル=110円。本決算発表と同時に、上限3000億円の自己株式の取得も発表した。企業価値研究所では、今後も継続的な自己株式の取得が期待できると考えている。

・アジアの伸長などで22/3期に過去最高益更新を予想
 20/3期の連結業績予想に関して当研究所では、減価償却方法変更によるプラス効果を織り込んだほか、為替レートの前提を1ドル=108円→110円と円安方向に見直し、営業利益を2兆6000億円→2兆6500億円(前期比7%増)へ増額する。ただこれら要因を除けば、需要の頭打ちや環境規制強化に対応したコスト増などを勘案し、北米拠点の収益改善が従来想定より時間を要すると判断し、実質的には引き下げた。米トランプ政権の保護主義政策の動向にも引き続き注意を要すると考えている。21/3期以降は、アジアでの販売台数の伸長、原価低減などから堅調に推移し、22/3期に営業利益で過去最高更新を予想する。

・リスクファクター ~米国の保護主義政策、為替など

・アナリストの投資判断 ~収益力改善、自己株式取得が株価の下支えになると予想
 直近の株価に基づく20/3期の当研究所予想PERは8倍。過去60カ月の平均PER10倍との比較では、割安感がある。今後は、北米拠点の収益改善が遅れていることや、米トランプ政権の保護主義政策の動向に注意を要する。ただ、アジアでの台数増や原価低減による全体としての収益力改善、継続的な自己株式取得の期待などを映し、株価は緩やかに持ち直す展開を予想する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. トヨタ自動車(7203) 底堅い業績推移を予想。自己株式の継続的取得も前向きに評価

  2. トヨタ自動車(7203) 当研究所予想を再度増額 「TNGA」推進で収益力改善へ

  3. 任天堂(7974) 今期営業利益は3000億円台回復へ、中国展開、デジタル化加速など上振れ要因に期待

  4. クボタ(6326) 北米やタイの販売が拡大し1Q業績は好スタートに

  5. 京セラ(6971) 通信インフラや自動車向けの貢献により、増収増益を予想

  6. 西日本旅客鉄道(9021) 訪日客の取り込みによる鉄道の利用増加などで、今・来期と緩やかな増益局面が続こう

  7. ファーストリテイリング(9983) 海外の収益拡大や国内の販売復調は想定通りに進捗

  8. NTTドコモ(9437) 今期営業利益は料金値下げの影響で16%減益予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP