ワークマン(7564) 「ワークマンプラス」出店を契機とする客層拡大をテコに新たな利益ステージに

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/03/18)

・高機能・低価格ウエア潜在市場でシェア25%目指す
 店舗拡大と既存店増収をテコに安定成長を続けてきた同社だが、今期は新業態「ワークマンプラス」出店を契機とする客層拡大をテコに新たな利益ステージに入ろうとしている。プロ顧客だけでなく、一般顧客のアウトドア利用等を想定した高機能・低価格ウエアPBへの需要は徐々に高まりつつあったが、昨秋の「ワークマンプラス」(1号店は一般顧客向けに特化)開業前後の露出拡大により、既存店でも一般顧客の取り込みが進む。今後はプロ、一般向け両方の売場を設ける路面タイプの「ワークマンプラス」出店、既存店からの転換、既存店の改装を推進。高機能・低価格ウエアの潜在市場約4000億円でシェア25%を目指す。関西での仏大手との対決(3月)も注目を集めよう。

・営業利益予想を増額、5年で年率13%成長見込む
 年末商戦でのPBを中心とした売上急伸を主因に、今期単独営業利益の企業価値研究所予想を前期比27%増の135億円へ増額。つれて、来期以降の予想も引き上げ、23/3期195億円と、5年で年率13%成長を見込む。(a)客層拡大、新システム活用による既存店売上高続伸、(b)「ワークマンプラス」新店、転換効果、(c)女性向け強化などによる更なるPB拡大などが成長の原動力に。潤沢なキャッシュに基づく配当性向引き上げなどにも期待。

・リスクファクター ~天候不順、円安など

・アナリストの投資判断 ~株式分割、業績上振れ余地、ディフェンシブ志向から1万円台も許容水準とみる
 PER(当研究所予想)は今期40倍、来期37倍と、専門小売主要成長株の3年平均32倍を上回るが、株式分割(3月末1株→2株)、業績上振れ余地、ディフェンシブ銘柄への関心から、株価1万円台乗せも許容水準とみる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ワークマン(7564) 今期営業3割増益予想へ増額、その後の3年間も年率11%成長見込む

  2. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  3. ワークマン(7564) 既存店増収、店舗増、PB拡大をテコに利益成長が続く見通し

  4. 積水ハウス(1928) 上期は全体として想定内の推移。中期的に増収増益基調を予想

  5. ツムラ(4540) 生薬関連コストの軽減もあり1Qは順調なスタート

  6. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 前回から小幅増額、既存店増収をテコに来期にかけ営業2桁増益続こう

  7. 三井物産(8031) 当研究所予想を微修正するが、最終増益は続くと予想

  8. 国際石油開発帝石(1605) イクシスの生産・出荷は順調も軟調な原油価格を懸念

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP