スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684) 来期はデジタル化の追い風に加え『FF7リメイク』等が利益回復を牽引へ

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/03/06)

・『JC4』失敗を主因に営業利益予想を減額
 今期HDゲーム主力作の一つ、『JC4』の失敗を主因に連結営業利益の企業価値研究所予想を今期260億円(前期比32%減)、来期375億円に減額。最高益更新は21/3期以降にズレ込む見込み。流通デジタル化が追い風との見方は不変だが、主力作の低評価は追加販売を見込んでいた来期業績にも影響を及ぼそう。今期主力作の『KH3』、『SotTR』は好調なだけに、同社開発力に綻びが生じたわけではないが、品質管理という点で課題を残した。スマホゲーム失速や『JC4』失敗により今期3Q累計で営業65%減益だが、好発進した『KH3』の貢献やスマホゲームのヒット作誕生により4Qは巻き返す見込み。

・デジタル化が収益性改善、長期の商機拡大に
 デジタル流通への構造の変化がHDゲームの収益性改善、長期の商機拡大、安定収益基盤構築につながっており、来期は『SotTR』、『KH3』の追加販売が利益を押し上げよう。来期は当研究所が発売を想定する『FF7リメイク』、『Avengers』関連作に加え、『FF14』拡張ディスク投入もあり、利益回復へ。国内開発組織再編、海外開発体制強化で今後もHDゲーム新作に極端な空白期間が生じない見通し。『FF16』や米マーベルとの協業、多様なIPの創出・育成力も成長ドライバーとして期待される。

・リスクファクター ~開発費の回収リスク、円高など

・アナリストの投資判断 ~6月「E3」での『FF7リメイク』情報解禁期待などが株価上昇を後押しへ
 来期の利益回復を考慮すれば、来期PER(当研究所予想)15倍の水準では、株価上昇余地があるとみる。6月の米ゲーム見本市「E3」で『FF7リメイク』、『Avengers』関連作に関する情報解禁が予想されるほか、中国新作ゲーム認可再開(昨年末)でテンセントとの戦略提携が動き出す可能性もあり、こうした期待が株価上昇を後押ししよう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684) デジタル流通への構造変化が家庭用大型作開発を進める同社の利益成長を牽引へ

  2. スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684) デジタル流通への構造変化によるHDゲームへの追い風強まる

  3. スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684) 流通構造変化がHDゲームの収益性改善、商機拡大を後押し

  4. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 来期は改装・五輪効果で営業利益回復見込むが、22/3期会社目標との乖離大

  5. みずほフィナンシャルグループ(8411) 顧客部門、市場部門ともに良い出足。今期会社利益計画は達成を予想

  6. 電通(4324) 世界経済減速の影響強まり今期営業利益予想を13%減の970億円へ235億円減額

  7. 旭化成(3407) 臨時修繕費用の発生や全般的な需要低迷で営業利益を小幅減額修正

  8. 8/19の配信レポート一覧:綜合警備保障(2331)、旭化成(3407)、花王(4452)、他

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP