セコム(9735) 3Q累計は順調な進捗。通期予想を小幅引き上げ

QUICK企業価値研究所アナリスト 前田俊明(2019/03/01)

・3Q累計は先行投資費用があるも小幅営業減益
 19/3期3Q累計の連結業績は前年同期比5%増収、同2%営業減益。持続的成長のための将来に向けた基盤整備に対する投資負担はあったが、減益幅は想定を下回った。企業価値研究所では、先行投資は織り込み済みで全般的には順調な進捗と判断している。通期は前期比4%増収、同4%営業減益に小幅引き上げる。

・システム・人への集中投資で基盤整備を実施
 同社は2030年を一つのターゲットとして、「セコムグループ2030年ビジョン」を推進している。このビジョンのもと様々な施策に取り組んでおり、2030年に向けた成長をさらに確かなものにするため、新たに「セコムグループロードマップ2022」を策定。この中で、19/3期、20/3期は持続的成長のための将来に向けた基盤整備を行う年にするとともに、新たな価値創造による新事業の創出・育成や既存業務の拡充を進める。2年間で「人への投資」と「システム投資」を集中的に実施する。

・20/3期は投資成果が段階的に表れると期待
 当研究所は投資成果が段階的に表れると期待し、20/3期の連結業績は緩やかな営業増益に戻ると予想する。

・リスクファクター ~法人顧客の業績動向

・アナリストの投資判断 ~上値の重い展開を見込む
 セキュリティサービス事業の回復などにより、株価は12年央以降に上昇基調に入り、15年には2000年以来15年振りに9000円台に到達。18年12月には9827円と1万円近くまで上昇する場面もあった。当研究所予想を基にしたPERは19/3期24倍、20/3期23倍。将来の成長加速に向けた先行投資の増加から、利益面では踊り場を迎えており、指標面での割安感はない。投資の成果が利益成長に結びつくまで上値を切り上げる展開は見込みにくいと判断している。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. セコム(9735) 19/3期は7期振りに営業減益へ。システム・人への集中投資で基盤整備を実施

  2. 久光製薬(4530) 一般用医薬品は順調だが、医療用医薬品が苦戦

  3. 積水ハウス(1928) 20/1期は新規連結寄与、戸建住宅の受注回復などを踏まえて増額修正

  4. 日本オラクル(4716) クラウドサービス好調。利益貢献高い保守・サポートも堅調で最高益続く見込み

  5. ワークマン(7564) 「ワークマンプラス」出店を契機とする客層拡大をテコに新たな利益ステージに

  6. 田辺三菱製薬(4508) 米国「ラジカヴァ」の売上収益等見直し予想を修正

  7. みずほフィナンシャルグループ(8411) 今期は大幅最終減益へ。当研究所の利益予想を減額

  8. アステラス製薬(4503) 販売移管等の影響を織り込み来期以降の業績予想を減額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP