アドバンテスト(6857) 今期予想を増額するが、来期は踊り場を見込む

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2019/02/14)

・21/3期は再び増収・増益へ
 企業価値研究所の19/3期通期の連結予想営業利益は、540億円→620億円(前期比2.5倍)へ引き上げた。3Qの受注面、売り上げ面、採算面の進捗が想定よりも好調だったため。半導体の高度化によるテスタ需要が増加し、大幅増収・増益へ。ただ、米中貿易摩擦により半導体メーカーの設備投資マインドは低下してきた。このため来期以降の予想は下方修正した。20/3期は減収・減益予想としたが、今年後半には回復に転じる見通しであり、21/3期は再び増収・増益に向かうと予想した。

・成長に向けた取り組みは継続
 足元の業況は悪化しているが、会社側は今年後半にも半導体メーカーのテスタ投資が再び活発化するとみている。このため、研究開発など成長に向けた取り組みは継続している。

・19/3期3Q累計の営業利益は前年同期比約5倍
 19/3期3Q累計の連結営業利益は545億円(前年同期比5.1倍)。主力のテスタを中心に大幅な増収・増益に。

・リスクファクター ~半導体メーカーの業況、需要変動が大きいことなど

・アナリストの投資判断 ~割安感が見直され、さらに今年後半の回復を織り込む展開も考えられる
 当研究所では、今後の株価について強気にみている。同社など半導体製造装置大手の直近の株価は、業況が厳しくなりながらも値上がりしている。予想PERは低位にあり、割安感が見直されてきたとみられる。今後は、さらに今年後半の半導体製造装置業界の回復を織り込む展開も考えられる。ただし、米中貿易摩擦がさらに激化した場合には上値が抑えられるため、リスク面には注意していく必要があろう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 来期は改装・五輪効果で営業利益回復見込むが、22/3期会社目標との乖離大

  2. みずほフィナンシャルグループ(8411) 顧客部門、市場部門ともに良い出足。今期会社利益計画は達成を予想

  3. 電通(4324) 世界経済減速の影響強まり今期営業利益予想を13%減の970億円へ235億円減額

  4. 旭化成(3407) 臨時修繕費用の発生や全般的な需要低迷で営業利益を小幅減額修正

  5. 8/19の配信レポート一覧:綜合警備保障(2331)、旭化成(3407)、花王(4452)、他

  6. 第一三共(4568) 1Qは大幅増益スタートだが、研究開発計画の不透明などから予想据え置き

  7. 大塚商会(4768) 消費増税、「Windows7」のサポート終了控えパソコン販売好調。今期20%営業増益予想

  8. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 債券収益が伸長。いくつかの要因も重なり今期利益の出足は強含み

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP