J.フロント リテイリング(3086) 「中計」目標の22/2期営業利益560億円は依然射程圏

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/01/16)

・中国の規制影響を考慮し来期免税売上高予想を減額
 中国で19年1月から代理購入業者への規制が強化されたうえ、人民元安もあり、インバウンド需要の先行き不透明感が強まっている。企業価値研究所は訪日数増加や個人旅行シフトによる追い風が続くとみるが、規制強化の影響を考慮し、来期以降の免税売上高予想を引き下げた。

・革新目指す心斎橋・渋谷の本格貢献は21/2期から
 「中計」2年目の今期は「G6」等の通年寄与により百貨店から不動産への変革が順調に進む一方、パルコ、建装等が苦戦。クレジット金融も来期にかけ先行投資が続く。今期連結事業利益は百貨店経費増要因もあり前期比2%増にとどまろう。来期も大丸心斎橋店新本館、新生渋谷パルコの開業(今秋予定)費や消費増税影響を考慮し緩やかな伸びを見込むが、心斎橋、渋谷が本格貢献する21/2期はクレジット金融の回復もあり同9%増へ。免税売上高予想減額や今期のパルコ苦戦を反映し前回予想から減額。連結営業利益予想も21/2期518億円に引き下げたが、21年春の心斎橋店北館再生などから「中計」22/2期目標560億円は依然射程圏とみていい。当研究所は心斎橋、渋谷が目指す革新に期待する半面、「中計」目標の足枷とならぬよう、苦戦事業のテコ入れが必要と考える。

・リスクファクター ~消費増税、競合激化、円高・株安

・アナリストの投資判断 ~割安感強く、今秋開業の心斎橋・渋谷への期待感が株価回復を後押しへ
 今・来期のPER(当研究所予想)はともに11倍と、16年のインバウンド需要停滞期の平均14倍と比べても割安感が強い。インバウンド需要の先行き不透明感に加え、来期利益変化率の低さもあり、株価の急反発は見込みにくいが、今秋開業する大丸心斎橋店新本館、新生渋谷パルコへの期待感が株価回復を後押ししよう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ワークマン(7564) 「ワークマンプラス」出店を契機とする客層拡大をテコに新たな利益ステージに

  2. 田辺三菱製薬(4508) 米国「ラジカヴァ」の売上収益等見直し予想を修正

  3. みずほフィナンシャルグループ(8411) 今期は大幅最終減益へ。当研究所の利益予想を減額

  4. アステラス製薬(4503) 販売移管等の影響を織り込み来期以降の業績予想を減額

  5. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 来期は営業最高益更新予想に増額、3年で年率19%成長へ

  6. ヤマハ発動機(7272) 会社計画は保守的と判断。今期は小幅営業増益を確保可能と予想

  7. オリンパス(7733) 円高を織り込むが、来期大幅営業増益の見方に変わりはない

  8. ナカニシ(7716) 広告宣伝費やシステム関連費用が重く、今期は減益を予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP