三井住友フィナンシャルグループ(8316) 業績進捗、出資戦略の強化等踏まえ当研究所の利益予想を増額

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2018/12/07)

・高進捗踏まえ当研究所の今期利益予想を上積み
 19/3期上期の連結純利益は前年同期比12%増の4726億円。会社通期計画に対し68%の高進捗だった。本業収益の連結業務純益の増加、大口先の戻入益発生等による与信費用の改善などが寄与した。会社は税金費用の増加等を織り込み、19/3期通期の連結純利益計画7000億円を据え置いた。企業価値研究所は19/3期連結純利益予想を増額する(7300億円→7500億円)。連結業務純益の上振れ、与信費用の下振れなどを予想。外債関連の損失発生など足元の各種リスクを考慮しても、今期の利益は会社計画線からやや強めに上振れる公算が大きいと判断した。

・連単差拡大等織り込み来期・再来期利益予想も増額
 20/3期、21/3期の利益予想もやや増額。インドネシアのBTPN、三井住友カード等の連結子会社化による連単差利益の拡大を織り込んだ。20/3期は与信費用の反動増等で利益は横ばいを予想。21/3期はグループ会社の収益成長等で増益を見込む。経費率に優位性がある状況は当面続くと予想する。19/3期は自己株取得を実施。配当は当面増加基調で推移する公算が大きいとみる。

・リスクファクター ~相場変動、金融緩和長期化等

・アナリストの投資判断 ~現状の評価は低過ぎる感も。セクター内で堅調推移を予想
 株価は年初来安値圏にあり、現状のPER、PBRは同社のここ数年の平均を下回る。米国の長期金利停滞などバリュエーション改善に向けてネックとなりかねない要因があり、株価は当面伸び悩む懸念がある。ただ、底堅い利益や株主還元強化の見通し等も踏まえると、現状の評価は低過ぎる感もあり、中長期的には上値余地がある水準とみる。低い経費率も背景に引き続きセクターの中では比較的堅調な株価推移を見込む。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三井住友フィナンシャルグループ(8316) 経費コントロールが効いている点を評価 当研究所の利益予想を維持

  2. イオン(8267) 22/2期にかけて営業利益実質年率6%成長見込むが、前回予想からは減額

  3. 竹内製作所(6432) 売上・受注は悪くないが利益は鈍い出足。当研究所の今期予想は維持

  4. NOK(7240) 3割超の営業増益計画から一転、1割超の営業減益計画へ下方修正

  5. 久光製薬(4530) アジアの苦戦等から1Qは減収・減益、前回予想据え置く

  6. セブン&アイ・ホールディングス(3382) 「7-11」売上失速や「7Pay」不正アクセス問題を勘案し営業利益予想を減額

  7. J.フロント リテイリング(3086) 既存事業革新の鍵を握る大丸心斎橋店新本館、新生渋谷パルコに要注目

  8. 日本オラクル(4716) 中堅、中小企業中心に企業の情報化投資は前向き。最高益更新続く見込み

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP