三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 与信費用の改善で今期利益は想定通り上振れへ。配当増額は想定外

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2018/12/04)

・連結純利益9500億円の当研究所の今期予想を継続
 企業価値研究所の前回の19/3期連結純利益予想は会社期初計画の8500億円より強い9500億円。今回この予想を据え置く。与信費用が大口先の戻入益発生などで想定通り大幅に改善し、上期利益は強めに推移。会社は連結利益計画を当研究所予想と同額まで増額した。今期利益は概ね会社修正計画に沿って推移するとみている。収益面は市場部門収益の悪化で減少しているが、計画比では上振れ気味に推移しており、下振れリスクは低いとみる。与信費用の会社修正計画は依然やや保守的な印象もあるが、各種リスクを踏まえ概ね妥当と判断した。

・再来期に利益改善を予想。株主還元は高水準続く
 当研究所の来期利益予想はやや減額し、横ばいを予想。与信費用の反動増などを織り込んだ。改善を見込んだ再来期の利益予想は維持。買収効果等による収益成長、構造改革の効果等を見込む。19/3期は想定外の配当増額、追加自己株取得もあり、株主還元は従前と遜色ない高水準となる見通し。配当は増加基調の推移が見込まれ、同社の株主還元は高水準が続く可能性が高い。

・リスクファクター ~相場変動、緩和長期化等

・アナリストの投資判断 ~株価は当面伸び悩む懸念あるが現状の評価は低過ぎる感も
 株価は直近で年初来安値圏に近づき、現状のPER、PBRは同社のここ数年の平均を下回る。世界経済の減速懸念や米国の長期金利の停滞など、バリュエーション改善に向けてネックとなりかねない要因があり、株価は当面伸び悩む懸念がある。ただ、実施している企業買収や構造改革の効果などによる中期的な利益成長の見通し、株主還元の見通しなどを踏まえると、現状の評価は低過ぎる感もあり、中長期的にみれば上値余地がある水準とみる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. アドバンテスト(6857) 今期予想を増額するが、来期は踊り場を見込む

  2. 三菱地所(8802) オフィス賃貸の順調な推移などを背景に、中期的な増益予想を維持

  3. 任天堂(7974) 小型版投入を想定し来期以降の「Switch」ハード販売台数を上方修正

  4. 東海旅客鉄道(9022) 3Qの好調で今期当研究所予想を増額も、景気減速リスクなど勘案し来期予想は維持

  5. 村田製作所(6981) 足元の受注水準はやや低下だが、従来予想を据え置き

  6. 住友化学(4005) 来期以降は利益面で増額修正したが、石化製品などの採算は厳しい

  7. KDDI(9433) 1割程度の料金値下げを前提に来期は5%営業減益予想

  8. 大塚商会(4768) 今期はパソコン販売の伸長で6%営業増益を予想。最高益更新続く見込み

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP