ソニー(6758) EMI取得の利益に加え実質ベースの好調を織り込む。今期は営業20%増益へ

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2018/11/16)

・ゲームを含めエンタメ系を中心に利益を上方修正
 企業価値研究所は19/3期通期の連結予想営業利益を7400億円→8850億円(前期比20%増)へ上方修正した。音楽出版のEMIの株式追加取得に関する一過性の利益計上が主因だが、実質ベースでもG&NS(ゲーム&ネットワークサービス)、音楽、映画のエンタメ系の好調などを織り込んだ。来期以降も上方修正したが、一過性の利益がなくなるため20/3期は一旦減益となる見通し。

・「PS4」のライフサイクルが長期化
 G&NSでは、主力ゲーム機「PS4」の売り上げ台数がピークアウトしているにもかかわらず業績拡大が続き、ライフサイクルが長期化している。ただ、競合の動向など事業環境が急変するリスクなどを注視していく必要があろう。

・上期は営業20%増益
 19/3期上期の連結営業利益は4345億円(前年同期比20%増)となった。MC(モバイル・コミュニケーション)が減損損失を計上するなど苦戦しているが、エンタメ系の好調などにより大幅増益となった。

・リスクファクター ~景気や為替変動、同業他社との競争激化など

・アナリストの投資判断 ~株価は踊り場にあるが、エンタメ系の好調を織り込んでいくと考えやや強気にみる
 当研究所では、今後の株価について、やや強気にみている。最近の値下がりは半導体を中心としたハイテク株全体の値下がりの影響を受けているものとみられ、同社についてはMCの不振などもマイナス材料となっていることも考えられる。ただ、業績面では一過性の要因を除いた実態ベースでもG&NSを中心にエンタメ系の利益が拡大しており、こうした好調を織り込んでいくものと考えられる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ソニー(6758) 今期予想を営業減益とするが、特殊要因を除いた実質ベースでは増益トレンドが続こう

  2. 主要260社、18年度の純利益2%増へ 内需系の収益がやや伸び悩む QUICK企業価値研究所

  3. 三井不動産(8801) 上期実績は想定内で順調に進捗。中期的には増収増益基調を見込む

  4. 伊藤忠商事(8001) 19/3期上期は純利益で過去最高益を更新。堅調な業績続く見通し

  5. 三井住友フィナンシャルグループ(8316) 業績進捗、出資戦略の強化等踏まえ当研究所の利益予想を増額

  6. ブリヂストン(5108) 今期は小幅営業減益見通しに減額も、来期以降は利益復調を予想

  7. TOTO(5332) 上期実績や足元の状況などを踏まえ、19/3期通期予想を減額修正

  8. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 与信費用の改善で今期利益は想定通り上振れへ。配当増額は想定外

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP