旭化成(3407) 通期業績予想を上方修正。今期は2桁近い営業増益に

QUICK企業価値研究所アナリスト 伊藤健悟(2018/11/14)

・ANの採算が想定以上の高水準を維持
 19/3期の連結業績について企業価値研究所では、従来予想を売上高2兆1900億円→2兆2200億円(前期比9%増)、営業利益2060億円→2180億円(同10%増)へ引き上げる。従来は、エレクトロニクス部門が固定費増で減益となるほか、ケミカル部門の利益も前期並みになるとみていたが、ケミカル部門の主力のANは上期の採算が想定以上の高水準を保ち、下期も高い利益率を維持できる見通し。医薬・医療部門を若干の減益見通しとしたが、クリティカルケアや繊維など他の各部門の拡大もあり、今期は2桁近い営業増益となろう。続く20/3期以降も、自動車やヘルスケア関連の製品を中心とした数量増と合理化の効果で、業績は着実な伸びをみせると考える。

・上期は当研究所の想定を上回る増益に
 19/3期上期の連結営業利益は、前年同期比13%増の1043億円。石化系製品の市況上昇と各部門での販売数量増により、原料高の影響を吸収して業績は順調に拡大。当研究所が想定していた1000億円弱との比較でもこれを上回った。

・リスクファクター ~ANの採算や為替の動向など

・アナリストの投資判断 ~過去のレンジとの比較では割安。株価は徐々に上昇へ
 18年はじめに下落した株価は、その後同10月にかけて大きく上昇して上場来高値をつけたが、再度急落。足元では当研究所の来期予想連結PERで約10倍と、総合化学メーカーの平均を大きく上回るが、同社の過去の平均的な水準である同14倍を下回る。化学メーカーのPERは全般に低下しているが、連結全体で来期以降も堅調な業績推移が見込まれる点を考慮すると、同社の過去のレンジの下限に当たる同12倍程度の評価は可能だろう。LiB材料など成長分野の拡大を確認しつつ、株価は徐々に上昇に向かうと考える。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三井不動産(8801) 上期実績は想定内で順調に進捗。中期的には増収増益基調を見込む

  2. 伊藤忠商事(8001) 19/3期上期は純利益で過去最高益を更新。堅調な業績続く見通し

  3. 三井住友フィナンシャルグループ(8316) 業績進捗、出資戦略の強化等踏まえ当研究所の利益予想を増額

  4. ブリヂストン(5108) 今期は小幅営業減益見通しに減額も、来期以降は利益復調を予想

  5. TOTO(5332) 上期実績や足元の状況などを踏まえ、19/3期通期予想を減額修正

  6. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 与信費用の改善で今期利益は想定通り上振れへ。配当増額は想定外

  7. ファーストリテイリング(9983) 国内ユニクロの安定成長に加え、海外ユニクロの高成長が続くと見込む

  8. エヌ・ティ・ティ・データ(9613) 法人ソリューション、EMEA・中南米の両セグメントの拡大などで通期予想を増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP