不二越(6474) 油圧機器等は好調もロボットが減速。材料等のコスト増も重荷

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2018/10/16)

・今期会社利益計画は未達の懸念
 18/11期3Q累計業績は前年同期比8%増収、営業利益は同3%増の122億円。油圧機器やベアリングなど部品事業が増収を牽引。強化するロボットは伸び悩んだが、全体で増収となり、材料価格上昇などの各種コストの増加を吸収した。ただ、会社計画に対してはコストが増加気味となり、営業利益の進捗は低めだった。企業価値研究所は3Qを踏まえ、18/11期の業績予想を減額。営業利益は会社計画と同額の180億円から170億円に引き下げる。進捗の低さ、材料コスト等の想定以上の増加、値上げ効果が現状小さいことなどを勘案。4Qの為替想定は円安に見直したが、今期会社利益計画の達成は厳しいとみる。

・来期、再来期の当研究所の業績予想もやや減額
 当研究所の19/11期、20/11期予想もやや減額。為替想定を円安に見直したが、米中貿易摩擦の影響によるロボットの需要減速等を想定した。当面ロボットの力強い成長は展望し難くなり、中計の目標達成も厳しくなった印象。油圧機器の好調持続、軸受・工具の底堅い成長、値上げ効果等で業績伸長が続くという見方は維持する。

・リスクファクター ~為替、原材料、EV化、貿易摩擦

・アナリストの投資判断 ~当面PERの上昇、力強い株価回復は展望し難い
 株価は昨年後半から今年初まで上伸した後は総じて軟調。現状の当研究所の19/11期予想PERは約11倍。製造業や機械セクターの平均、同社のここ数年の平均を下回る。ただ、米中貿易摩擦問題で中国の設備投資が減速し、同社もロボットの減速など影響を受ける懸念があり、会社の今期利益計画および中計には未達の懸念が燻っている。このため、米中間での対話進展など外部環境の大幅改善がない限り、当面はPERが上昇し、株価が力強い回復に向かう展開は期待し難い。底堅い業績は株価の下支え要因となろう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 不二越(6474) 材料価格上昇等でコストが増加気味。売上高や受注は悪くない印象

  2. ピジョン(7956) インバウンドの停滞は気掛かりだが主力の中国事業の復調は好材料

  3. 田辺三菱製薬(4508) 「ジレニア」ロイヤリティの大幅減、「ラジカヴァ」も苦戦

  4. 三菱地所(8802) 20/3期は営業利益横ばい見込むも、中期的には増益基調を予想

  5. 三菱マテリアル(5711) 加工事業などの成長を慎重に見直し、当研究所予想を下方修正

  6. ツムラ(4540) 医療用漢方製剤は安定成長を見込むが、一過性要因等から今期は減益予想

  7. 鹿島建設(1812) 中期的には売上高は横ばい見込むも、緩やかな営業減益基調を予想

  8. 三井物産(8031) 当面の事業環境は厳しいが、着実な増益が続くと予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP