伊藤忠商事(8001) 会社側が19/3期通期の純利益見通しと配当予想を上方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 堀内敏成(2018/10/05)

・会社側は19/3期の純利益見通しを5000億円に増額
 同社は10月1日、19/3期通期の連結純利益見通しおよび1株当たり配当予想の上方修正を発表。純利益は期初見通しの4500億円を5000億円(前期比25%増)に引き上げた。市況の改善による資源分野、海外パルプ関連事業などの伸長が主因。これらを踏まえ、期初の段階で見込んでいた損失バッファー(経営環境の想定外の変動、資産入替え等に伴う損失計上などへの備え)300億円程度を解消した。また、19/3期の1株当たり年間配当金の予想を74円(うち、期末37円)から83円(同46円)に増額。

・当研究所の連結純利益予想を増額修正
 企業価値研究所では19/3期通期の連結純利益予想を、会社修正計画と同様に引き上げ、前回予想の4800億円を5000億円(前期比25%増)とする。会社側の上期決算(11月初旬発表予定)の内容などを精査した後、改めて見直したい。続く20/3期および21/3期の純利益予想も上方修正した(業績データ参照)。

・リスクファクター ~貿易摩擦問題、中国経済の動向等

・アナリストの投資判断 ~着実な収益成長、積極的な株主還元を背景に、株価は堅調に推移する見通し
 株価は米国・中国間の貿易摩擦の拡大懸念などを背景に反落し、8月には年初来安値1854.0円をつけた。9月中旬以降、株式相場全体の回復などを背景に持ち直しに転じ、今回の会社側の業績予想の上方修正を受けて上場来高値を更新。2302.5円をつけた。米国・中国間の貿易摩擦拡大に伴う世界景気や商流の減速、同社の事業に関連が深い中国の景気の減速傾向は引き続き懸念材料だが、着実な収益成長、積極的な株主還元を背景に、株価は堅調に推移する見通し。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 伊藤忠商事(8001) 19/3期上期は純利益で過去最高益を更新。堅調な業績続く見通し

  2. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

  3. 伊藤忠商事(8001) 19/3期は18%の最終増益を予想。着実な増益続く見通し

  4. 日産自動車(7201) 今期も大幅営業減益を予想。米国事業再建は相当な時間を要しよう

  5. オリエンタルランド(4661) 大規模開発をテコに来期以降、入園者数・営業利益の成長が続く見込み

  6. 東京瓦斯(9531) 今期は利益回復を予想するが、電力・ガス競争激化を懸念

  7. 任天堂(7974) 今期営業利益は3000億円台回復へ、中国展開、デジタル化加速など上振れ要因に期待

  8. クボタ(6326) 北米やタイの販売が拡大し1Q業績は好スタートに

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP