フジクラ(5803) エネルギー・情報通信などの不振で、当研究所予想を下方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 中村宏司(2018/10/01)

・19/3期は増益予想から一転、13%営業減益へ
 企業価値研究所では19/3期の連結業績予想について、営業利益を395億円(前期比15%増)→300億円(同13%減)と従来予想を下方修正した。エネルギー・情報通信カンパニーとエレクトロニクスカンパニーの不振が修正の主因であり、営業利益は増益から一転して減益になる見通しである。

・20/3期以降は各カンパニーの伸長で増益を予想
 20/3期、21/3期の業績予想も下方修正したが、前期比では、各カンパニーの伸長で増益を予想する。エネルギー・情報通信カンパニーでは光ファイバの増産、エレクトロニクスカンパニーはFPCの販売増や生産性向上が増益に貢献するとみている。自動車電装カンパニーは営業赤字の解消を見込む。

・1Qは8%営業増益
 19/3期1Qの営業利益は前年同期比8.0%増の76億円。エレクトロニクスカンパニーなどの採算が悪化したが、自動車電装カンパニーの営業赤字が縮小したことから、営業増益となった。

・リスクファクター ~通信事業者の設備投資動向とFPCや自動車の販売動向、為替相場など

・アナリストの投資判断 ~株価は上値の重い展開が続くと予想
 株価指標面では、19/3期当研究所予想連結PER11倍は同業他社平均と同水準にある。19/3期が営業減益となる見通しとなったことから割安感が剥落しており、業績回復の兆しが出てくるまで、株価は上値の重い展開が続くものと考える。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 安川電機(6506) 業績は依然底堅いものの回復の勢いが削がれた感は否めず

  2. 不二越(6474) 油圧機器等は好調もロボットが減速。材料等のコスト増も重荷

  3. ピジョン(7956) 中国事業が業績を牽引。インバウンド需要も背景に業績成長が続こう

  4. 伊藤忠商事(8001) 会社側が19/3期通期の純利益見通しと配当予想を上方修正

  5. 日本オラクル(4716) 注力するクラウドサービス好調。企業の情報化投資も積極的で業績予想を増額

  6. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  7. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  8. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP