ヤマハ発動機(7272) 予想減額も、今期は営業利益で2期連続の過去最高更新へ

QUICK企業価値研究所アナリスト 小西慶祐(2018/08/30)

・今期はマリンと産業用機械・ロボットが牽引役に
 18/12期通期の連結営業利益見通しについて会社側は、期初計画の1500億円(前期比横ばい)を据え置いた。一方、企業価値研究所では、営業利益予想を1620億円→1570億円(同5%増)とやや減額する。下期以降の為替レートの前提を、1ドル=107円→110円と円安方向に見直したが、天候不順による欧州向け二輪車の生産調整などを織り込んだ。ただ、大型船外機の能力増強を実施したマリン、需要が旺盛な産業用機械・ロボットの伸長から、営業利益で2期連続の過去最高を更新する予想に変更はない。為替レートの前提を会社想定(通期平均で1ドル=105円)より円安水準に設定したほか、産業用機械・ロボットを強めに見込み、引き続き会社計画を上回る予想とした。

・二輪車とマリンを軸に来期以降も利益の拡大を予想
 19/12期以降の営業利益予想もやや減額するが、二輪車とマリンを軸に拡大局面が続くとの見方を継続。二輪車では、生産能力が過剰な先進国向けで苦戦が続くとみるが、インド、フィリピンなどの新興国市場拡大とプラットフォームの共通化が寄与する見通し。マリンも、船外機の大型化や船外機の周辺機器の強化から底堅く推移するとみている。

・リスクファクター ~為替や欧米の景気動向など

・アナリストの投資判断 ~利益拡大局面が続くと予想、上値余地は大きいとみる
 直近の株価に基づく19/12期の当研究所予想PERは9倍。同社の過去60カ月の平均PER12倍との比較では、割安感がある。今後は、先進国二輪車の採算改善が進んでいないことは懸念材料だが、新興国二輪車やマリンを軸とする利益拡大局面が続くと予想、株価の上値余地も大きいと考えている。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ヤマハ発動機(7272) 為替動向に注意を要するが、今期も営業利益で過去最高更新を予想

  2. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  4. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  5. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  7. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  8. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP