スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684) デジタル流通への構造変化によるHDゲームへの追い風強まる

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/08/29)

・一方で国内スマホゲームは競争激化から急失速
 今期1Qは競争激化による国内スマホゲーム急失速に失望する一方、HDゲームでは流通構造変化による追い風が益々強くなった印象。1QのDL販売比率は75%まで上昇。デジタル流通への構造変化はHDゲームの収益性改善、長期にわたる商機拡大につながるとともに、新作発売の有無に左右されない安定的な収益基盤が構築されつつある。ただし、国内ではスマホゲーム失速による体制見直しでHDゲームへの開発シフトが予想され、新作発売スケジュールに極端な空白が生じることはなかろう。海外開発拠点でも体制の強化・拡充が進行中。

・来期連結営業利益480億円へ、小幅減額にとどめる
 企業価値研究所はスマホゲーム等の見通しを大きく引き下げたが、流通構造の変化加速でHDゲームの成長確度が一段と高まったと判断。連結営業利益予想は小幅減額にとどめ、今期375億円(前期比2%減)、来期480億円とする。HDゲームでは今期発売予定の『Tomb Raider』、『キングダム ハーツ』、『JUST CAUSE』各最新作に続き、来期は『FF7リメイク』、『Avengers』関連作の発売を想定。来期は開発費の償却負担がない今期大型3作の追加販売がDL中心に膨らむうえ、MMOでの拡張ディスク投入も利益を押し上げる見通し。

・リスクファクター ~開発費の回収リスク、円高など

・アナリストの投資判断 ~HDゲームへの期待がスマホゲームへの失望を上回り株価は年初来高値圏へ
 来期PERは17倍(当研究所予想)。株価下落により直近3年の調整PER20倍と比べ割安感が出てきた。有力IPや内外の充実した開発体制が強みの同社HDゲームにとって、デジタル流通への構造変化の恩恵は大きく、スマホゲームへの失望感を打ち消し、年初来高値圏への株価上昇を予想する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684) 流通構造変化がHDゲームの収益性改善、商機拡大を後押し

  2. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  4. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  5. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  7. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  8. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP