資生堂(4911) 国内外での好調を受け、業績予想を再度上方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 伊藤健悟(2018/08/28)

・高価格帯製品の拡大で想定以上に好調に推移
 18/12期の連結業績について企業価値研究所では、従来予想を売上高1兆700億円→1兆1100億円(前期比10%増)、営業利益1090億円→1250億円(同55%増)へ上方修正する。今期は期初の段階から、高価格帯製品の販売好調でマーケティング費用増加などの影響を吸収し、増収、大幅増益になるとみていた。1Qが想定以上に好調だったことを受けて、期初予想を営業利益で1000億円→1090億円に引き上げていたが、国内外での好調持続を受けて、これを再度上方修正した。今後は高価格帯製品の一段の拡大やECチャネルの強化などにより、日本や中国での成長の維持・加速と欧米での収益性改善を進める。20/12期の目標として営業利益1200億円を掲げるが、当研究所ではこれを上回る業績拡大を予想する。

・販売好調と採算改善で上期は想定を上回る増益に
 18/12期上期の連結営業利益は、前年同期比2.1倍の711億円となった。国内外で販売が好調に推移したうえ、採算改善も進み、当研究所が想定していた650億円を上回る大幅な増益を達成した。

・リスクファクター ~製品供給体制や中国事業など

・アナリストの投資判断 ~好調な業績を背景に、株価は再度上昇へ
 高価格帯製品の販売拡大による業績好調を追い風として株価は17年春から一本調子で上昇していたが、18年6月に入って下落に転じた。足元でも、来期の当研究所予想連結PERは33倍と、トイレタリーメーカーの平均を上回るが、同社の過去の好調時の水準との比較ではこれを下回る。訪日外国人数の伸びが足元で鈍化するなど懸念材料もあるが、当面は業績の大幅な拡大基調が続く公算が大きく、過去の同社のPER水準などから判断すると、同36倍程度の評価は可能と考える。順調な業績拡大を確認しつつ、株価は再度上昇に向かおう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  2. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  4. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  5. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  7. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  8. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP