昭和電工(4004) 黒鉛電極の想定以上の好調を受け、業績予想を上方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 伊藤健悟(2018/08/23)

・部門別で明暗あるが、連結全体で今期は大幅増益に
 18/12期の連結業績について企業価値研究所では、従来予想を売上高9800億円→1兆100億円(前期比29%増)、営業利益1600億円→1800億円(同2.3倍)へ引き上げる。従来、石油化学部門が設備の定期修理で落ち込むほか、エレクトロニクス、アルミニウムの両部門もハードディスク(HD)の数量減などで落ち込むが、無機部門が昭和電工カーボンの通期寄与と電炉用黒鉛電極の需要増・市況上昇で業績を大きく拡大し、連結全体で大幅な増収、増益になるとみていた。こうした見方に変更はないが、黒鉛電極の市況が想定以上に上昇しているため、上方修正した。続く19/12期以降も、各分野の数量増と合理化などで業績拡大が続く見通しだが、黒鉛電極の好調が続く間に、他分野で業績の底上げが進むことを期待したい。

・上期は無機部門の好調で想定以上の大幅増益に
 18/12期上期の連結営業利益は、前年同期比2.2倍の781億円。石油化学部門やエレクトロニクス部門などが落ち込んだが、無機部門が黒鉛電極の好調で業績を拡大し、連結全体で当研究所が事前に想定していた700億円を上回る大幅増益となった。

・リスクファクター ~石化製品や黒鉛電極の採算など

・アナリストの投資判断 ~足元の水準は割安。業績拡大を追い風に株価は再度上昇へ
 8月に入って上場来高値を更新した株価は、その後利益確定売りなどに押されて下落。足元では来期の当研究所予想連結PERで5倍台と、総合化学メーカーの平均を大きく下回る。HDの苦戦などマイナス要因もあるが、今期の業績は黒鉛電極の好調で大幅に拡大、その後も当面は堅調な推移が続くと見込まれる点を考慮すると、同7倍程度の評価は可能であり、株価は再度上昇に向かうと予想する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  2. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  4. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  5. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  7. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  8. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP