オリンパス(7733) 1Qは営業赤字だが主力の医療は順調。実質ベースでは増益トレンドが続こう

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2018/08/21)

・今期の営業利益を減額したが、来期以降は小幅増額
 企業価値研究所の19/3期の連結予想営業利益は、820億円→600億円(前期比26%減)へ引き下げた。1Qに証券訴訟の和解金や中国子会社の訴訟の引当金を計上したことによる。ただし、主力の医療の進捗は順調であり、来期以降は小幅増額。実質ベースでは営業増益のトレンドが続くとみている。

・リスクの大部分は処理
 同社は過去の損失先送りに係る証券訴訟の損害賠償請求を受け、18/3期末時点の訴額の合計は283億円となっていた。この1Qに信託銀行6行と和解したことにより残りの訴額は4億円となった。これによりリスクの大部分が処理された。ただ、証券訴訟以外では米国における十二指腸内視鏡の製造物責任に関する民事訴訟がある。

・多額の損失計上で19/3期1Qは連結営業赤字
 19/3期1Qの連結営業損益は116億円の損失(前年同期は127億円の利益)となった。主力の医療の利益は2桁増だが、和解金など多額の損失で連結全体では赤字に。

・リスクファクター ~為替相場の変動、医療における当局の規制、製造物責任、映像における競争激化など

・アナリストの投資判断 ~当面の株価は現値付近を想定。損失計上は、リスクの処理という面でニュートラル
 当研究所では、当面の株価は現値付近で推移するものとみている。1Q決算発表前後の値動きをみると、多額の損失を計上したことについては、リスクの処理が進んだという面もあることから相殺されている。なお、最近の決算説明会などでの質疑応答のやり取りからみて、製品サイクルの末期となっている消化器内視鏡の本格的な新製品への期待度が高まっている模様。会社側では当面発表する予定はないとしていることから、慎重にみていく必要があろう。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  2. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  4. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  5. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  7. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  8. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP