日立金属(5486) 2Q以降の収益改善を見込み、19/3期は増益予想を据え置き

QUICK企業価値研究所アナリスト 中村宏司(2018/08/20)

・19/3期の調整後営業利益は12%増を予想
 企業価値研究所では、19/3期の調整後営業利益(売上収益から売上原価と販管費を控除した同社独自の利益指標)730億円(前期比12%増)の従来予想を据え置いた。1Qの調整後営業利益は減益となったが、2Q以降の収益改善を見込み、従来予想を変更しなかった。前期比では、需要回復に伴う販売数量の増加などにより、増益になるとの見方は変えていない。

・20/3期以降も増益基調が続くと予想
 20/3期、21/3期の調整後営業利益も従来予想を据え置き、増益が続くと予想。自動車関連分野において「特殊鋼製品」の拡販が増益に貢献。「素形材製品」も生産性の改善を見込み、増益に貢献するとみている。

・1Qの調整後営業利益は10%減
 19/3期1Qの調整後営業利益は前年同期比10%減の160億円。減価償却費、研究開発費の増加や原材料コストの上昇などが響き、「特殊鋼製品」、「磁性材料」、「素形材製品」の採算が悪化した。

・リスクファクター ~自動車生産・販売動向

・アナリストの投資判断 ~当面の株価は上値の重い展開が続くと予想
 株価指標面では、19/3期の当研究所予想連結PER11倍は同業他社に比べやや割高な水準にあるが、19/3期1Q実績連結PBR1倍割れの株価に割高感は少ないものと考える。しかし、1Qは主要セグメントが調整後営業利益ベースで減益となり、業績回復に時間がかかっていることから、当面は上値の重い展開が続くと予想する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 関西電力(9503) 今期の販売電力量は増加に転じる見通し。年間配当50円への増配を発表

  2. ヤマトホールディングス(9064) 引越料金の過大請求の影響はあるが、宅急便の好調もあり、営業利益予想を小幅増額

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 20/12期にかけて年率15%の営業利益成長を予想

  4. ワークマン(7564) 客層拡大や新業態展開を受け、今後5年で年率9%の営業利益成長を予想

  5. 住友ゴム工業(5110) 中近東の販売不振、石油系の原材料価格上昇を踏まえ予想減額

  6. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、基幹店改装などにより営業利益回復進むとの見方変えず

  7. メディパルホールディングス(7459) 1Qの業績好調だが、妥結率は低水準。営業減益見込む予想据え置き

  8. 伊藤忠商事(8001) 19/3期1Qも安定的な収益力を発揮。当研究所予想を小幅増額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP