ローソン(2651) 夕夜間強化の成果が出ねば、業績の更なる下振れも

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/07/30)

・6月にサプライチェーン刷新、秋以降の客数を注視
 「ローソン」既存店客数は6月まで12カ月連続マイナス。「7-11」との格差が大きい夕夜間の品揃えを強化すべく、6月にサプライチェーンを刷新したが、顧客の認知には時間がかかるうえ、朝昼の品揃えが疎かとなった店も。ここ数年、様々な手を打ってきたが、十分な成果は出ておらず、競合激化、人手不足で加盟店の経営が厳しいなか、あとがない。夕夜間強化策も空振りに終われば、一段の業績下振れ懸念も。猛暑の追い風がある夏場は成果が見極めにくいため、秋以降の既存店客数を注視したい。

・利益本格回復には本業の競争力向上が不可欠
 成城石井出店鈍化や上海損益改善の遅れを勘案し、子会社利益見通しを引き下げたため、連結営業利益の企業価値研究所予想も小幅減額。今期580億円(前期比12%減)、来期625億円、21/2期650億円とする。今期は単体の加盟店支援やシステムコスト、ローソンの銀行開業経費が嵩み2桁減益見込むが、来期以降は単体底打ちに加え、ローソン銀行、中国の損益改善、成城石井の続伸をテコに回復へ。ただし、「中期経営ビジョン」目標(22/2期1000億円以上)どころか、過去最高益更新の道筋すら見えてこず、本格回復には本業の競争力向上が不可欠とみる。健全性の観点から来期以降は減配リスクを意識する必要も。

・リスクファクター ~加盟店支援費増など

・アナリストの投資判断 ~減配リスクを鑑みても株価は妥当水準だが、業績悪化による下押し懸念も
 来期PER(当研究所予想)は22倍と小売業主要銘柄平均と大差なく、株価は妥当水準とみる。仮に、来期の配当が215円/株(今期会社計画255円/株)に引き下げられたとしても、予想配当利回りは3%台となり、割高感はない。ただし、秋以降も既存店客数の停滞が続くようだと、更なる業績悪化懸念が株価下押しにつながる公算も。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. ローソン(2651) 今期は15期ぶりの連結営業減益へ、20/2期にかけて停滞見込む

  2. 京セラ(6971) 部品事業好調だが、従来予想を据え置き

  3. マツダ(7261) 西日本豪雨や関税引き上げなど不透明要因が大きく予想を据え置く

  4. アステラス製薬(4503) 前提為替レートを見直し予想を修正、来期減益との見方は継続

  5. 三菱地所(8802) 1Qは物件売却が押し上げて営業26%増益も想定内。通期予想を据え置き

  6. 大塚商会(4768) 営業利益予想減額も業績拡大続くとの見方は変わらず

  7. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張を織り込み24/3期にかけて年率9%の営業利益成長を予想

  8. マキタ(6586) 国内外で販売は好調な出足。業績続伸見込む当研究所予想を継続

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP