しまむら(8227) 継続的な販売伸び悩みを反映、当研究所の業績予想を減額

QUICK企業価値研究所アナリスト 堀内敏成(2018/07/26)

・19/2期の連結業績予想は前期比微増の430億円に
 企業価値研究所では19/2期通期の連結業績に関し、1Qの連結業績の低迷および2Qの販売伸び悩みなどを踏まえ、売上高5765億円(前期比2.0%増)、営業利益430億円(同0.2%増)に下方修正する。1Qの連結業績は、販売伸び悩みなどを主因に、売上高1376億円(前年同期比0.3%減)、営業利益72億円(同31.7%減)と低迷。続く2Qも、「しまむら」の既存店売上高が6月度に前年同月比11.7%減、7月度に同11.2%減と連続して落ち込んだ。

・商品および採算管理、コスト圧縮を徹底
 国内アパレル業界はトレンドが不在のなか、二極化の様相を呈している。同社は苦境が続くが、数量管理を含む商品管理を徹底。PB(プライベートブランド、メーカーや卸売業が企画する「しまむら専用商品」)の強化、中国からの直接物流(商品の検品、値札付け、店舗別梱包などをコストの安い中国で行うことで原価を低減する)の拡大などにより、採算改善に注力する一方、コスト圧縮を強化し、損益改善を図る方針。

・リスクファクター ~「しまむら」業態の販売動向など

・アナリストの投資判断 ~株価指標に割安感。「しまむら」の販売回復あれば、株価も持ち直しへ
 株価は18年4月に年初来高値1万4280円をつけたが、主力業態「しまむら」の販売伸び悩みが継続したことで下落基調となり、直近は1万円前後での推移。業績動向は不振が続くが、当研究所による同社の「改革能力」への評価に変化はない。足元の株価指標は過去のトレンドとの比較で割安感が強まっており、「しまむら」の販売が回復に転じれば、株価も持ち直しに向かうと予想する。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. しまむら(8227) 3Qの業績伸び悩み踏まえ、当研究所予想を下方修正

  2. 久光製薬(4530) 一般用医薬品は順調だが、医療用医薬品が苦戦

  3. 積水ハウス(1928) 20/1期は新規連結寄与、戸建住宅の受注回復などを踏まえて増額修正

  4. 日本オラクル(4716) クラウドサービス好調。利益貢献高い保守・サポートも堅調で最高益続く見込み

  5. ワークマン(7564) 「ワークマンプラス」出店を契機とする客層拡大をテコに新たな利益ステージに

  6. 田辺三菱製薬(4508) 米国「ラジカヴァ」の売上収益等見直し予想を修正

  7. みずほフィナンシャルグループ(8411) 今期は大幅最終減益へ。当研究所の利益予想を減額

  8. アステラス製薬(4503) 販売移管等の影響を織り込み来期以降の業績予想を減額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP