アークス(9948) 売上高目標1兆円に向け、M&Aがいよいよ本格化するか要注目

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/07/17)

・新システム効果の通年出現で来期営業6%増益へ
 今期1Qは粗利益率改善をテコに連結営業利益が前年同期比1%増と健闘したが、企業価値研究所は既存店苦戦を主因に今期予想を微減額。前期比微増の145億円とする。新システム稼働(9月)により(a)商流統一、商品調達力強化、物流改革、情報共有などグループシナジーの更なる追求、(b)業務の標準化・効率化によるコスト削減が見込まれるものの、新システム費用17億円が先行する形で利益を圧迫へ。(a)(b)の効果が通年で現れる来期は同6%増の153億円となり、最高益を3期ぶりに更新しよう。配当予想は今期50円/株、来期55円/株。自己株取得を先行して行うなどROE向上への取り組みに期待。

・新メンバー迎え入れの基盤が整うシステム稼働が業界再編の呼び水となる公算も
 スーパーの業界再編は沈静化していたが、消費増税を控えGMS大手に動きがあるほか、米ウォルマートの西友売却報道もあり、再編が加速する可能性が高い。こうしたなか、同社では新システムにより新たなグループ参加企業を迎え入れる基盤が構築される。稼働後の状況を見極めたうえでグループ入りを考える企業も少なくないため、同社新システムの稼働が業界再編の呼び水となる公算も。目標である売上高1兆円体制に向け、15年以降滞っていたM&Aがいよいよ本格化するか要注目。

・リスクファクター ~新システム稼働後の混乱など

・アナリストの投資判断 ~PERから株価は妥当水準と判断、中長期成長銘柄として引き続き注目
 新システム導入影響が通年で現れる来期のPER(当研究所予想)は15倍。過去5年平均から妥当水準とみるが、当研究所は業界再編の一翼を担う存在、かつ、M&Aによる中長期的な成長銘柄として引き続き注目している。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 京セラ(6971) 部品事業好調だが、従来予想を据え置き

  2. マツダ(7261) 西日本豪雨や関税引き上げなど不透明要因が大きく予想を据え置く

  3. アステラス製薬(4503) 前提為替レートを見直し予想を修正、来期減益との見方は継続

  4. 三菱地所(8802) 1Qは物件売却が押し上げて営業26%増益も想定内。通期予想を据え置き

  5. 大塚商会(4768) 営業利益予想減額も業績拡大続くとの見方は変わらず

  6. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張を織り込み24/3期にかけて年率9%の営業利益成長を予想

  7. マキタ(6586) 国内外で販売は好調な出足。業績続伸見込む当研究所予想を継続

  8. 東海旅客鉄道(9022) 景気回復で新幹線の利用が想定を上回り、当研究所業績予想を小幅上方修正

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP