竹内製作所(6432) 欧米の販売が好調で1Qの業績は好スタート。受注も大幅拡大

QUICK企業価値研究所アナリスト 柊宏二(2018/07/13)

・会社計画より強めの19/2期業績予想をやや増額
 19/2期1Qは前年同期比16%増収、営業利益は48億円と同14%増加。主要販売先の欧米で、新製品効果もあり販売が伸長。増販効果等で運送費等のコスト増を吸収した。会社計画に対する進捗も良好だった。企業価値研究所は19/2期業績について、会社計画(営業利益127億円)より強めの前回予想をやや増額する(営業利益140億円→143億円)。2Q以降の為替想定を1ドル=110円(前回107円)に見直したこと、1Qの堅調な業績、大幅に拡大した受注等を考慮した。同社は大部分の製品を日本から輸出。米中の貿易摩擦問題の影響はほぼないとみる。欧米の販売は想定以上に順調に拡大しているが、北米での競争環境の動向は注視していきたい。

・増収増益を見込む来期、再来期の予想もやや増額
 当研究所は欧米での増販効果を軸に増収増益を見込んだ20/2期、21/2期の業績予想もやや増額する。為替想定の円安方向への見直しを勘案した。販売面の想定は変えていない。21/2期に営業最高益の更新を見込む。配当は増加傾向で、今後も増加の余地があるとみる。

・リスクファクター ~為替、コスト増加、競争激化等

・アナリストの投資判断 ~比較的堅調な株価推移が期待できるとみる
 株価は今年1月に高値3015円を付けた後は総じて調整したが、直近では内容の良い1Q決算を受け反発。当研究所の19/2期予想に基づくPERは12倍程度。現状の製造業や機械セクターの平均に比べ低い。同社の過去の平均に近い水準で、割高感は少ないとみる。米中貿易摩擦問題で機械株全体のセンチメントが悪化しており、この点は同社株にとっても下押し要因となりそう。ただ、同社では米中貿易摩擦問題の実際の影響は僅少とみられ、業績も堅調な推移が見込まれるため、株価も比較的堅調な推移が期待できるとみる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 京セラ(6971) 部品事業好調だが、従来予想を据え置き

  2. マツダ(7261) 西日本豪雨や関税引き上げなど不透明要因が大きく予想を据え置く

  3. アステラス製薬(4503) 前提為替レートを見直し予想を修正、来期減益との見方は継続

  4. 三菱地所(8802) 1Qは物件売却が押し上げて営業26%増益も想定内。通期予想を据え置き

  5. 大塚商会(4768) 営業利益予想減額も業績拡大続くとの見方は変わらず

  6. オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張を織り込み24/3期にかけて年率9%の営業利益成長を予想

  7. マキタ(6586) 国内外で販売は好調な出足。業績続伸見込む当研究所予想を継続

  8. 東海旅客鉄道(9022) 景気回復で新幹線の利用が想定を上回り、当研究所業績予想を小幅上方修正

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP