富士フイルムホールディングス(4901) ゼロックス社との経営統合を想定から外すが今期以降は営業増益が続く見通し

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2018/06/11)

・今期予想を減額するが営業53%増益を見込む
 企業価値研究所の19/3期の連結予想営業利益は2180億円→2000億円(前期比53%増)へ引き下げた。富士ゼロックスと米ゼロックス社の経営統合が難航していることから、従来予想に織り込んでいたゼロックス社を除外。また会社側が富士ゼロックスの構造改革費用の計画値を増やしたことからこれを織り込んだ。前期との比較では、構造改革費用の減少による大幅増益を見込む。20/3期も構造改革の影響で大幅な増益予想としたが、21/3期は緩やかな増益見通しに。

・富士ゼロックスの構造改革は順調
 ゼロックス社との経営統合の構想の中で着手した富士ゼロックスの構造改革だが、会社側は経営統合の可否に関わらず進めるとしている。現時点での進捗は順調に推移している。

・18/3期は構造改革費用で営業24%減益
 18/3期の連結営業利益は1307億円(前期比24%減)となった。多額の構造改革費用が主たる減益要因。

・リスクファクター ~為替、競合企業との競争激化、経営統合の進捗など

・アナリストの投資判断 ~経営統合の先行きが不透明。当面は現値付近での推移を想定
 当研究所では、今後の株価について、ほぼ現値並みで推移するとみている。18/3期は構造改革費用を除けば順調な実績であり、今期以降は構造改革費用の軽減や構造改革によるコスト削減効果で増益に向かうと考えられるが、ゼロックス社との経営統合が棚上げとなっている状況下、今後の先行き不透明感が強いため。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。
   サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 三越伊勢丹ホールディングス(3099) 構造改革、日本橋・新宿改装、五輪効果で21/3期営業利益400億円見込む

  2. 中部電力(9502) コスト削減の進展により今期も経常増益へ

  3. 日本マクドナルドホールディングス(2702) 既存店売上高の伸びに陰りなし、今期営業実質35%増益見通しに増額

  4. 伊藤忠商事(8001) 19/3期は18%の最終増益を予想。着実な増益続く見通し

  5. 清水建設(1803) 19/3期は完工高の増加などで連結営業1割増益を予想

  6. みずほフィナンシャルグループ(8411) 最終利益は底堅い推移が続くとみる。今期会社計画はやや高い印象

  7. 武田薬品工業(4502) 今期は減収・減益予想。約7兆円を投じてシャイアー社を買収

  8. 三井不動産(8801) 中長期ビジョン「2025 VISION」を策定。連結営業利益3500億円を目指す

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP