10月の主役、欧州マネーは日本でも大株主 データで見る「株式会社ニッポン」の大株主②

 10月に1655円(8.1%)上昇した日経平均株価。26年ぶりという歴史的高値圏を回復したのは外国人投資家による買いがけん引役だった。東京証券取引所の発表資料から地域別の動向をひも解くと、現物株で2兆円超を買い越し過去最高を記録した「欧州」の存在が際立つ。  グローバル金融市場の中心地の1つはロンドン。世界中の運用マネーが集まるため、結果的に欧州からのフローとして見える。ただ、QUICK FactSet Workstation(QFW)で改めて「株式会社ニッポン」の大株主を見ると、欧州の巨人が浮かび上がる。  QFWには運用機関ごとの株式保有のデータが収容されている。保有株数と10月末時点の株価を使って推定時価を算出。以下は本社所在地が海外の運用機関の日本株保有ランキングだ。 ノルウェーのSWFは日本でも大株主  ブラックロックやバンガード・グループといったインデックス型運用のウエートが大きい米系の次に位置したのがノルウェー政府年金基金だ。9月に公表した運用資産は初めて1兆㌦(約112兆円)を超え、世界最大の政府系ファンド(SWF)でもある。  16年末時点のデータであり銘柄を入れ替えている可能性があるものの、保有する日本株の上位にはトヨタ(7203)やソフトバンクG(9984)、三菱UFJ(8306)、キーエンス(6861)、三井住友(8316)、ファナック(6954)、ソニー(6758)が並ぶ。  21日付の日本経済新聞は市場関係者の話として同基金が10月に日本株の買いに動いたといった見方を伝えた。この月の上げ相場では日経平均がTOPIXを大きくアウトパフォームした姿が目立った。同基金の保有上位にあるソフトバンクGやキーエンス、ファナックはまさに日経平均の構成比率が高い、いわゆる「値がさ株」でもある。日経平均との連動性の高い銘柄を買っていたのか、気になるところだ。 任天堂の筆頭株主は世界有数の運用会社  キャピタル・グループはグローバル市場で有数の運用会社の1つ。特定の銘柄の保有額が大きく日本市場でもその名が知れわたる。QFWのデータでも、保有銘柄数は68にとどまり指数連動とは一線を画すアクティブ型運用の姿勢が浮かぶ。  投資する日本株の中でウエートが高いのが任天堂(7974)。自社株保有を除くとキャピタルが事実上の筆頭株主だ。QFWで確認できるデータでは、キャピタルは少なくとも1999年から任天堂へ投資を開始した。今年の任天堂株は家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の好調な売れ行きを背景に株価が急騰。昨年末からの上昇率は82%となっている。キャピタルの運用成績に大きく貢献したことは間違いなさそうだ。 2つの「フィデリティ」のナゼ  ランキングには2つの「フィデリティ」が並ぶ。世界の運用会社として耳にする会社名だが、この2つはまったくの別法人。FMRは「フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ」の略で主に米国の投資マネーを運用する。一方でFILは「フィデリティ・インターナショナル・リミテッド」で、米国以外の資産運用を手掛けている。  日本で投資信託を設定・運用しているのはFIL。FMRとは会計上の連結関係などにはないといい、あくまで経営が独立している。QUICK資産運用研究所の調べでは、国内の公募投信の運用資産残高ランキングで「フィデリティ」は約3兆3000億円で7位となっている。 欧州銀の保有は「業者玉」  日本株保有の上位にはドイツ銀行やUBSといったグローバルの金融機関も多い。しかし、日本株への純投資という目的ではないようだ。欧州系金融機関は日本で株価指数との裁定取引を積極的に手掛けている。格付けが相対的に高いこともあり低金利=低コストで資金調達が可能で、現物指数と先物価格との間に開くわずかなさや抜きで収益を稼いでいるとされる。  また、「ヘッジファンドなどが現物株を売買せず全ての取引をスワップとするトータル・リターン・スワップ(TRS)もあるのでは」(トレーダー)との指摘もあった。デリバティブ(金融派生商品)を利用したビジネスの原資産として保有する必要があり、欧州系の保有は「業者玉」と見た方がよさそうだ。

外国人投資家って、誰? データで見る「株式会社ニッポン」の大株主①

 歴史的水準に戻りつつある日本株。11月上旬には日経平均株価が一時、26年ぶりに2万3000円の大台を突破する場面もあった。日本の株式相場が大きく底上げした背景には外国人投資家の「爆買い」がある。ただ、「ガイコクジン」投資家とは具体的に誰のことを指すのだろうか。QUICK FactSet Workstation(QFW)の機能を使い「株式会社ニッポン」の海外の大株主を調べると、名だたる運用機関の大量保有が浮かび上がる。  QFWには運用機関ごとの株式保有のデータが収容されている。保有株数と10月末時点の株価を使って、保有株式の推定時価を算出してみた。以下は本社所在地が海外の運用機関の日本株保有ランキングだ。 世界最大の運用会社、日本株も大量保有  最も保有額が大きいのは18兆7000億円で米ブラックロックだった。これはブラックロック・ジャパンと米国の投資顧問会社にあたるブラックロック・ファンド・アドバイザーの合算なので「ブラックロック・グループ」として保有していると言える。  昨年末からの保有増加額は約6兆円となり、国内大手の運用会社である野村アセットマネジメントの約16兆円をも上回っている。世界最大の運用会社として日本市場でも強い存在感を放っている。  年金基金などの資産運用の受託に加え、投資信託、中でも2008年の金融危機後は上場投資信託(ETF)の開発・運用に注力してきた。株価指数との連動を目指すインデックス型の運用としても日本株を大量保有している側面もありそうだ。 マネーはインデックス型経由で流入  2位には米バンガード・グループが入った。日本ではあまり聞きなれない運用会社かもしれないが、グローバル市場においては超大手運用会社の1つだ。インデックス運用を主軸に据えている点が特徴で、同社のサイトには「1976年に初の個人投資家向けインデックスファンドを売り出し、それ以来、低コストのインデックス運用における第一人者」とある。同社の資料によると、顧客の約8割は米国の個人投資家と機関投資家が占める。  日本株についてはETFまたはファンドを通じた保有になっているという。保有額は昨年末から約2兆円増えた。バンガード・インベストメンツ・ジャパンのディビッド・キム代表取締役は10日に都内で開いたメディア向けの説明会で、日本における事業の拡大に意欲を示した。「金融庁が主導している規制改革は素晴らしく、変化をうれしく思っています。改革の方向性についても全面的に支持しています」と期待している様子だった。    改めてこの両社の共通項を見出すと「インデックス」がキーワードであることに気付く。1社1社調査して投資するボトムアップ型の運用スタイルより、個別株をまとめ買いするような指数連動型を経由した「ニッポン買い」が主流になっている。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP