恐怖指数のVIXが急低下、「不安領域」脱す

14日の米国市場で「恐怖指数」と呼ばれる米株の変動性指数(VIX)が大幅に4日続落した。一時、18.99まで下げて19割れとなり、下落率が23%を超える場面があった。VIXは20を上回ると、市場の不安心理が高まった状態とされる。終値ベースで「20」を下回ったのは2月2日以来で、「不安領域」をひとまず脱したかたちだ。

14日は2月限VIX先物、VIXオプションの満期を迎えて、VIXは朝方から急低下してスタート。1月の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比2.1%上昇となり、市場予想(1.9%上昇)を上回ったことで債券安・株高が進むなか、引けにかけて一段と低下する流れとなった。

終値ベースでは2月2日(17.31)以来の水準となり、VIXが急騰した5日以降の上げをほぼ帳消しにした。

【VIX先物の5分足チャート】

(注)QUICK FactSet Workstationより

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ダウ急落再び 恐怖指数が急反発 VIXショートETFは大幅続落 

  2. VIX先物の清算値、価格操作か 当局が調査 米紙報道

  3. VIXショートが負う深手 「セルボラ」投資家の末路は?

  4. VIXショート戦略の投資家に損失? ボラティリティの調整どこまで

  5. VIXショックは去ったか 日米株乱高下 市場参加者はこう見る

  6. 円が105円台接近、リスク選好でも上昇 日本政府の円高容認観測も

  7. 「VIXショック」を予見? 日本株、2月急落前に外国人売り「2兆円」

  8. どうなるVIX急騰の後始末 世界の株売り圧力「22兆円」の試算も

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP