ドル指数、3カ月ぶり低水準 米2年債利回りは上昇基調 逆相関強まる

28日にドル指数(DXY)が92.64で終えた。QUICK FactSet Workstationによれば終値ベースで9月22日(92.17)以来、3カ月ぶりの低水準だ。米10年債利回りが2.43%に低下する中、ユーロや円に対してドルが売られる展開に。米マーケット・ウォッチによれば、この日の米10年債利回りは5.4bps低下し、一日の利回りの低下幅としては9月5日以来、3カ月ぶりの大きさを記録したという。税制改革法案が成立して来年の景気刺激効果が期待される半面、米債市場では米連邦準備理事会(FRB)の利上げが順調に進むことで景気減速懸念を織り込む動きとなっているのかも知れない。

足もとでは、2年債利回りが急上昇してイールドカーブのフラット化が急速に進んでおり、2年債利回りとDXYの逆相関の動きが強まっている。

米債利回りとドル指数の推移

米債利回りとドル指数の推移

※米10年債利回り(白)、2年債利回り(緑)、ドル指数(青)
(QUICK FactSet Workstationより)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 日銀、きょう金融政策決定会合結果公表 注目点はここ

  2. 米政府閉鎖、ドル円はどうなる? 2013年のケースでは…

  3. 米10年債、トランプ・ラリー後の最高利回りを更新

  4. Nintendo Labo「想定の斜め上を行く」 UBSのアナリストが抱いたポジティブとは

  5. メルカリ6月上場観測 UNITED(2497)が寄り付き直後に急上昇 

  6. 中国の米国債売却懸念、ひとまず杞憂に? 11月の保有額は前月比ほぼ横ばい

  7. ビットコインが一時急落、1万ドル割れに迫る場面も

  8. 2匹目のどじょう狙い? 「ミセスワタナベ」が仕掛ける押し目買い

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP