南アフリカランドが8円台後半に上昇 ラマポーザ氏が次期大統領有力候補に

外国為替市場で、南アフリカランドが上昇している。対円では一時1ランド=8円台後半を付けた。18日実施した与党の党首選挙が買い材料となった。

南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)が18日実施した議長(党首)選挙で、ラマポーザ副大統領(65)が当選した。議長で、大統領のズマ氏(75)の元妻ドラミニ・ズマ氏(68)に勝利した。現職のズマ氏は2019年に退任するため、新議長が次期大統領の有力候補となる見通し。

ズマ氏には汚職疑惑があり、ラマポーザ氏は汚職や経済の立て直しを主張していた。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 南ア・ランド急伸 政治改革に期待、景気実態は映さず プラチナ輸出に打撃

  2. 日銀、きょう金融政策決定会合結果公表 注目点はここ

  3. 米政府閉鎖、ドル円はどうなる? 2013年のケースでは…

  4. 米10年債、トランプ・ラリー後の最高利回りを更新

  5. Nintendo Labo「想定の斜め上を行く」 UBSのアナリストが抱いたポジティブとは

  6. メルカリ6月上場観測 UNITED(2497)が寄り付き直後に急上昇 

  7. 中国の米国債売却懸念、ひとまず杞憂に? 11月の保有額は前月比ほぼ横ばい

  8. ビットコインが一時急落、1万ドル割れに迫る場面も

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP