ビットコイン先物、CMEでも取引開始 値動き荒く

日本時間18日にGLOBEXを運営するCMEグループがビットコイン先物(BTC)を上場した。1月限の初値は清算値比5.89%高の20650㌦となったが、その後いったん19315㌦まで下げて2万㌦割れ。さらに1万9000ドルを割り込む場面もあるなど、上場初日から荒い値動きとなっている。

コインデスクによればビットコインの現物は19000㌦台でもみ合い。特にCMEでのビットコイン先物上場に対する目立った反応はみられない。

※QUICKではCMEのビットコイン先物取引開始に伴い、リアルタイムおよび10分ディレイ情報を、同日より情報端末でサービスしています。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ビットコイン急落 韓国の取引所がハッキングで破産申請と報道

  2. 日銀、きょう金融政策決定会合結果公表 注目点はここ

  3. 米政府閉鎖、ドル円はどうなる? 2013年のケースでは…

  4. 米10年債、トランプ・ラリー後の最高利回りを更新

  5. Nintendo Labo「想定の斜め上を行く」 UBSのアナリストが抱いたポジティブとは

  6. メルカリ6月上場観測 UNITED(2497)が寄り付き直後に急上昇 

  7. 中国の米国債売却懸念、ひとまず杞憂に? 11月の保有額は前月比ほぼ横ばい

  8. ビットコインが一時急落、1万ドル割れに迫る場面も

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP