忘年会シーズン、今年大幅高の居酒屋株は U&C(3557)やDDHD(3073)など

2017年の忘年会シーズンがやってきた。居酒屋などを展開する上場企業のなかで、会社員が集まる東京・新橋や神田に店舗を構える主な企業の今年の株価を振り返った。大幅高となったのは、にんにくしょうゆダレの焼き鳥や博多水炊きを提供する「てけてけ」のU&C(3557、マザーズ)や、青森直送の馬肉料理をウリにする「馬並み家」のDDHD(3073)などだ。

グルメサイト「食べログ」でエリアを「新橋」や「神田」に絞り、店舗が載っている主な上場企業17社の株価を調べた。新橋、神田どちらにも「てけてけ」店舗があるU&Cの11日終値は7320円だった。2月に新規上場しており、11日終値は公募・売り出し価格(公開価格)の1620円から4.5倍で、上場初値の4500円からだと63%高となった。

U&Cは、かき入れ時の忘年会シーズンについて「例年並みだが、非常に好調」(リクルーティング・マーケティング部)という。新規出店の費用が先行し2018年2月期は最終減益の見通しだが、営業利益は18%増の3億円を見込む。

新橋に「馬並み家」を構えるDDHDの11日終値は4725円で、16年末から3.7倍だ。同社の広報担当者は「12月の予約状況は前年を小幅に上回っている」と話す。

新橋、神田いずれにも英国風パブ「HUB」があるハブ(3030)の11日終値は1430円で、今年5月の1株から3株への分割を考慮すると16年末の2.5倍だ。12月4日に東証1部指定となった。自社の株高について「1部指定の効果も大きいが、投資家が好業績を評価してくれているのだろう」(同社の広報IR課)と分析する。

株価の上昇は収益拡大への期待を映しており、こうした企業の店舗は勢いがある可能性が高い。忘年会の店選びの参考材料になるかもしれない。

◎新橋や神田に居酒屋などを構える株高が目立った主な企業
社名(コード)   店舗名  株価上昇率 今期の最終利益予想
U&C(3557)   てけてけ  4.5倍   ▲18%
DDHD(3073)  馬並み家  3.7倍    8%
ハブ(3030)    HUB   2.5倍    3%
トリドール(3397) 晩杯屋   56%    6%
鳥貴族(3193)   鳥貴族   41%    38%
(注)上昇率は11日終値と16年末との比較。U&Cは公開価格比。今期予想は、会社側が見込む18年2月期の最終利益の増加率で、▲は減益見通し。トリドールは18年3月期、鳥貴族は18年7月期。

【日経QUICKニュース(NQN ) 石川隆彦】

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. 日銀総裁、円高派に「ゼロ回答」 出口議論を再び封印

  2. ビットコイン、残る急落の余韻 小規模な入札にも神経質

  3. ファストリ(9983)、株高促す「有明」からの風 売り逃し削減じわり

  4. 日本株、「理屈抜きで買う相場」の行方は? 信用取引に警戒信号

  5. ビットコイン急落 関連銘柄は業績影響や技術力で選別へ

  6. 仮想通貨の混乱、上場企業に波及 メタップスの会計処理巡り

  7. 黒田日銀、総裁任期5年で地域経済は「拡大」 続投材料か

  8. 2018年の自動車株、トヨタが一段高へ 野村の著名アナリストが予想

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP