米CVSヘルスなど軒並み安 「デス・バイ・アマゾン」銘柄は? AI×ライターで追跡

11月30日の米国市場の時間外取引で、薬局チェーンのCVSヘルスなどドラッグストア関連銘柄が軒並み安となった。「アマゾン・ドット・コムが後発薬を手がけるマイランなどとドラッグストア関連で協議している」と伝わったのがきっかけだ。アマゾンの進出で影響を受ける「デス・バイ・アマゾン」銘柄は―ー。QUICKのオプションサービス「エクイティコメント」は日本時間12月1日早朝から、「QUICK AI速報」と組み合わせた「AI記者×ベテランライター」のコラボで、追跡した。

まずは、人間の記者が第一報「アマゾンがドラッグストア関連で協議」をキヤッチ

次に、AI記者。マケッソン(薬品卸売業)、CVSヘルス(薬局チェーン)などアマゾンのドラッグストア参入で不利益をうけそうな銘柄の下げをキャッチ。

そして続いて、人間の記者。連想売り波及の背景をわかりやすく解説。

 

【コンテンツ編集グループ・矢内純一】

 

 

 

関連記事

  1. 日銀、きょう金融政策決定会合結果公表 注目点はここ

  2. 米政府閉鎖、ドル円はどうなる? 2013年のケースでは…

  3. 米10年債、トランプ・ラリー後の最高利回りを更新

  4. Nintendo Labo「想定の斜め上を行く」 UBSのアナリストが抱いたポジティブとは

  5. メルカリ6月上場観測 UNITED(2497)が寄り付き直後に急上昇 

  6. 中国の米国債売却懸念、ひとまず杞憂に? 11月の保有額は前月比ほぼ横ばい

  7. ビットコインが一時急落、1万ドル割れに迫る場面も

  8. 2匹目のどじょう狙い? 「ミセスワタナベ」が仕掛ける押し目買い

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP