ビットコイン、初の1万ドル突破 恩恵を受けるETFとは?

仮想通貨のビットコイン(BTC)が29日、コインデスクで1BTC=10358.31ドルまで上昇し、節目の1万ドルを初めて突破した。ビットコインの急騰を受けて、ビットコインの売買アプリを手掛ける米スクエアやマイニング関連のアドバンスト・マイクロ・デバイシスなどへの関心が改めて高まりそうだ。

個別株だけでなく、ビットコインの上昇の恩恵を直接受けるETFとして、「ARK ウェブx.0 ETF」にも関心が向かうかも知れない。このETFはクラウド・コンピューティングやサイバー・セキュリティ、ビッグデータ、eコマース、ブロックチェーンなどに関連する銘柄を組み入れたもの。2014年9月に上場し、今年は右肩上がりで上昇が続いて28日まで8日続伸して連日で上場来高値を更新していた。

QUICK FactSet Workstationによれば、ウェブx.0 ETFの組入銘柄で最も大きいのはビットコインの価格に連動する投資信託のビットコイン・インベストメント・トラスト(GBTC)で、運用資産の8.92%を占める。GBTCは米証券取引委員会(SEC)の承認を受けていないため、適格投資家以外は投資できないことから個人投資家にはなじみの薄いものだが、ビットコイン関連の金融商品として知られる。その他、組み入れ上位にはアマゾン・ドットコム(6.56%)、エヌビディア(3.90%)、テスラ(3.32%)などの主力ハイテク株も並んでいる。

このETFを買うことはビットコインやハイテク株に集中投資するようなものだが、ビットコインの現物を持っているのならARK ウェブx.0 ETFを売り持ちにしてヘッジを掛けるといった使い道もありそうだ。

ARK ウェブx.0 ETFの組入上位20銘柄(QUICK FactSet Workstationより)

 

ETF構成銘柄

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ビットコイン、謎の大口買い 9~12日に4億ドル相当

  2. ビットコインが7000ドル割れ クレジットカード規制や上院公聴会に警戒感

  3. 仮想通貨、グローバル規制の足音 米上院、2月6日に公聴会開催へ

  4. ビットコイン、ヘッジファンドが売り仕掛けか 米先物取引委がポジション公表 

  5. ビットコイン急落 韓国の取引所がハッキングで破産申請と報道

  6. フィンテックの一角が228%高 米CNBC「ビットコインの狂気」と警鐘

  7. ビットコイン急騰 買われた関連銘柄は? エヌビディア・・・

  8. ビットコインの時価総額が2870億㌦に増加 バンカメに迫る

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP