アップル時価総額100兆円突破、株価は連日で上場来高値更新

8日の米株式市場でアップルが小幅に5日続伸し、一時は176.24ドルまで上昇して分割後の上場来高値を連日で更新した。特に買い材料は聞かれなかったが、3日にiPhoneの10周年記念モデル「iPhone X」を発売してからは下げ知らずで、強い流れとなっている。QUICK FactSet Workstationによると、8日終値時点のアップルの時価総額は9048億ドル(103兆円、1ドル=113.86円で換算)と、円換算ベースで100兆円を突破した。

<アップルの時価総額の推移>

アップル時価総額

QUICK FactSet Workstationより作成

アップルが初代iPhoneを発売したのは2007年6月29日で、この日の時価総額は1060億ドルだった。iPhoneが業績をけん引する中、今年の10周年モデルの販売を受けて時価総額は8.5倍になった格好だ。市場では次の節目として1兆ドル突破が期待されているようで、自社株買いなどの株主還元策があれば一段高が期待されている。指数インパクトの大きさもさることながら、ヘッジファンドなどの保有が多いとされるアップルが強含めば、投資家のリスク許容度が増す相乗効果が期待されそう。
8日のダウ工業株30種平均は小幅に7日続伸し、6.13ドル(0.02%)高の23563.36ドルで終えた。ザラ場ベースの史上最高値は更新できなかったが、連日で史上最高値を更新した。この日の寄与度ランキングトップはジョンソン&ジョンソンで、ダウを約10ドル押し上げたほか、アップルも上昇寄与度上位に顔を出した。

アップルとダウの相対チャート

※この記事はQUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した内容です。QUICKデリバティブズコメントは、日経平均先物や債券を中心に相場動向をLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 日銀、きょう金融政策決定会合結果公表 注目点はここ

  2. 米政府閉鎖、ドル円はどうなる? 2013年のケースでは…

  3. 米10年債、トランプ・ラリー後の最高利回りを更新

  4. Nintendo Labo「想定の斜め上を行く」 UBSのアナリストが抱いたポジティブとは

  5. メルカリ6月上場観測 UNITED(2497)が寄り付き直後に急上昇 

  6. 中国の米国債売却懸念、ひとまず杞憂に? 11月の保有額は前月比ほぼ横ばい

  7. ビットコインが一時急落、1万ドル割れに迫る場面も

  8. 2匹目のどじょう狙い? 「ミセスワタナベ」が仕掛ける押し目買い

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP