日経平均のPER、S&P500に接近 QUICK・ファクトセットで18倍

日経平均株価が26年ぶりの高値圏に浮上したことで、投資家の関心は割高感の強弱に移りつつある。判断にあたって投資家が利用する指標が株価予想収益率(PER)。高いほど投資家の期待が強く、株価水準としては割高と判断される。QUICK FactSet Workstationによると、今後12カ月先の業績予想を基にした日経平均のPERは3日に17.81倍まで上昇した。これは2016年12月下旬以来およそ10カ月ぶりの高水準だ。
株価は26年ぶりの水準まで上昇してきたが、先行きの業績期待が高まっているため、PERは直近のレンジ内にとどまっている。指数採用企業の1株あたり予想利益(EPS)が切り上がり、PERの上昇を抑えている。

日経平均PER2

※QUICK FactSet Workstationより

一方、世界市場で見比べると日経平均は割安とは言えなくなりつつある。機関投資家が運用指標の参考にする米S&P500種株価指数は18.10倍。日経平均と大差はない。欧州の主要600社で構成するSTOXX600指数のPERは15倍台にとどまり日経平均はこれを上回る。
ただ、TOPIXのPERは15倍台だ。日本株全般で見れば、まだ割安感が残っているとも言えそうだ。

【QUICKデリバティブズコメント・岩切清司】

※この記事はQUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した内容です。QUICKデリバティブズコメントは、日経平均先物や債券を中心に相場動向をLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

 

 

関連記事

  1. 日銀、きょう金融政策決定会合結果公表 注目点はここ

  2. 米政府閉鎖、ドル円はどうなる? 2013年のケースでは…

  3. 米10年債、トランプ・ラリー後の最高利回りを更新

  4. Nintendo Labo「想定の斜め上を行く」 UBSのアナリストが抱いたポジティブとは

  5. メルカリ6月上場観測 UNITED(2497)が寄り付き直後に急上昇 

  6. 中国の米国債売却懸念、ひとまず杞憂に? 11月の保有額は前月比ほぼ横ばい

  7. ビットコインが一時急落、1万ドル割れに迫る場面も

  8. 2匹目のどじょう狙い? 「ミセスワタナベ」が仕掛ける押し目買い

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP