2017衆院選 自民29%、希望18%、立憲民主18% 世論調査(JX通信調べ)

 

報道ベンチャーのJX通信社が7~8日に実施した東京都内での衆院選情勢調査(第3回)で、前回比例東京ブロックで首位だった希望の党への投票意向が11ポイント下落し18%にとどまった。一方、自民党は1ポイント増の29%で首位を奪還。初登場の立憲民主党がは18%で希望の党に並んだ。共産党は3ポイント減の7%、公明党は1ポイント増の6%となった。

支持政党別では、支持する政党はないとしたいわゆる無党派層が34%、自民党が26%となったほか、初登場の立憲民主党が15%、そして希望の党が13%、共産党が5%、公明党が5%と続いた。前週比で自民党の支持率が1ポイントの微減に留まった一方、投票意向先としての数値を大きく減らした希望の党は、支持率でも3ポイント減と失速が目立っている。

小池都知事、不支持率が初めて支持率を上回る

東京都内での小池百合子知事の支持率は前週比11ポイント減の37%となり、直近2週間での下落幅は21ポイントになった。不支持率は54%と、今年1月のJX通信社の都内情勢調査開始以来初めて支持率を上回った。対する安倍政権への支持率は41%、不支持率は53%となっている。

有権者が投票にあたって最も重視する政策課題を聞いたところ、「外交や安全保障」を挙げた有権者が最も多く、23%に上った。次いで「医療や福祉」19%、「景気や雇用」18%と続いている。昨今の北朝鮮情勢の緊迫化を受けて、通常は上位に来ない「外交や安全保障」が有権者の関心事としてクローズアップされている格好だ。

調査はJX通信社がRDD(乱数番号自動生成)方式で行い、1003の有効回答を得た。

(QUICK NewsLine)

 

関連記事

  1. 日経平均2万4000円台 PERにみる「さらなる見直し余地」

  2. 進む円安・ユーロ高 欧州で稼ぐ「追い風」銘柄をチェック

  3. いま注目の米国株、スクエアとは? スマホ決済で成長 ビットコインにも参入か

  4. もうすぐ権利確定 「株主優待+配当」利回りランキング 上位銘柄はこれ 

  5. スマホゲーム、株価と連動するのはフォロワー数?課金セールス?

  6. イェスパーの視点 2018年10大サプライズ予想

  7. いまの株価は割高? PERチャートで「過熱度」を見ると……

  8. SBI(8473)、仮想通貨取引所「年明けのできるだけ早いタイミング」で開設 日経平均は2万7000円台へ 北尾社長に聞く

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP