ダウ初の2万2000ドル突破、トランプ政権発足後で最も上昇した銘柄は?

ダウチャート2

2日の米株式市場でダウ工業株30種平均が初の2万2000ドルを突破しました。終値は前日比52ドル32セント(0.23%)高の2万2016ドル24セントでした。トランプ氏が大統領選に勝利した2016年11月8日から直近8月2日までのダウ構成銘柄の騰落率を調べたところ、27銘柄が上昇しました。上昇率が最も大きかったのはボーイングで66%、次いでアップルが42%、マクドナルドが38%でした。これらの3銘柄は足元の好決算による株価上昇が寄与したようです。米航空機大手ボーイングの2017年4~6月期決算は最終損益が17億6100万ドルの黒字(約1957億円の黒字)と、前年同期の2億3400万ドルの赤字から黒字に転換しました。

一方、大統領選直後にトランプ氏が掲げる規制緩和の期待から株価が上昇し、トランプ相場の主役といわれたゴールドマン・サックスの上昇率は24%と、ダウ平均並みにとどまりました。トランプ大統領の目玉政策である医療保険制度改革法(オバマケア)の見直しが頓挫するなど、政策に対する期待感がはく落。ゴールドマン・サックスの株価も伸び悩んだようです。

ダウ構成銘柄2

 

 

関連記事

  1. 日経平均2万4000円台 PERにみる「さらなる見直し余地」

  2. 進む円安・ユーロ高 欧州で稼ぐ「追い風」銘柄をチェック

  3. いま注目の米国株、スクエアとは? スマホ決済で成長 ビットコインにも参入か

  4. もうすぐ権利確定 「株主優待+配当」利回りランキング 上位銘柄はこれ 

  5. スマホゲーム、株価と連動するのはフォロワー数?課金セールス?

  6. イェスパーの視点 2018年10大サプライズ予想

  7. いまの株価は割高? PERチャートで「過熱度」を見ると……

  8. SBI(8473)、仮想通貨取引所「年明けのできるだけ早いタイミング」で開設 日経平均は2万7000円台へ 北尾社長に聞く

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP