米国上場の株式ETFから大規模資金流出 相場乱高下の2月第2週

2月5~9日(第2週)の1週間で米国上場の株式ETF(上場投資信託)から大規模な資金が流出した。QUICK FactSet Workstationによれば全体で289億9633万ドル(3兆1504億円)の資金がネット流出となり、このうちS&P500に連動するスパイダーS&P500ETFだけで231億2020万ドルの資金が流出し、全体の79%を占めた。

ナスダック100指数に連動するパワーシェアーズQQQトラストの39億8014万ドルも含めれば、大型ETFの2つだけで全体の流出額の93%を占める計算だ。

世界同時株安の中でパッシブ投資家や個人投資家が主力のETFに解約売りを出したとみられる。一方、この週で最も資金が流入したのはiシェアーズ・コアS&P500の11億552万ドルで、大型株の一角には押し目買い意欲の強さがみられた。

なお分類別でみると、この週は「債券ETF」が8億6894万ドルのネット流入となったほか、VIXロング、ショートなどのデリバティブ関連ETFを含む「オルタナティブ」が7億993万ドルのネット流入となったが、コモディティ(9億2948万ドル流出)、アセット・アロケーション(8685万ドルの流出)、通貨(2658万ドルの流出)などは流出が相次いだ。

金価格に連動するSPDRゴールド・シェアーズからも8億6942万ドルの資金が流出し、キャッシュ化の動きが強まった。

2月5~9日の米国上場株式ETFのファンドフロー・流出トップ10

(注)QUICK FactSet Workstationより

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 「380兆円市場」の米ETF、今年だけで46兆円流入 手数料率で運用会社に明暗も

  2. 米株高を示唆してきた? 興味深い「コンテナ処理量指数」の行方

  3. 外国人はどんな銘柄を買っているのか? 急成長した海外ETFが参考に

  4. ビットコイン急落の余波? 半導体ETF(SOXX)から大規模資金流出

  5. 米法人減税、恩恵を受けそうな企業はここだ!

  6. 日本株ETF(EWJ)に今年最高の資金流入、ドル安でも日本株高をサポート?

  7. 東レ急落、主要顧客は? ホンダ、トヨタ、エアバス… 子会社でデータ不正 

  8. フェイスブックに迫るテンセントの企業価値 21日終値では逆転せず

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP