三菱自など輸送用機器の業績上振れ期待広がる

アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示す「QUICKコンセンサスDI」(9月末時点)は、輸送用機器や医薬品、化学など製造業に対する強気見通しが増加したものの、非製造業の建設や不動産に対して弱気見通しが増加し、全産業ベース(金融含む)のDIでは前月比と変わらずのプラス21となりました。

DI9月

 

※QUICKコンセンサスDIとは・・・アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から、「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出されます。DIがマイナスということは、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っているということです。5社以上のアナリストが業績を予想する銘柄を対象にしているため、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかを判断するうえで参考になります。

製造業は強気も、建設や不動産など非製造業が弱気

製造業DIは前月比3ポイント改善のプラス33でした。なかでも輸送用機器セクターのDIが前月のプラス10からプラス28と強気見通しが増えました。足元でアナリストは、インドで生産が伸びているスズキ(7269)や、8月の国内販売が前年同月比で2ケタ増だった三菱自動車(7211)など自動車メーカーの予想純利益を引き上げています。米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内に追加利上げに動くとの観測から、日米金利差による円安・ドル高が続くとの見方も同セクターの強気見通しの背景にありそうです。
そのほか、医薬品セクターのDIは前月のプラス6からプラス23、化学セクターは前月のプラス53からプラス62と強気見通しが増えています。

一方、前月比6ポイント低下のプラス8となった非製造業では、不動産セクターのDIが前月のプラス56からプラス7、不動産セクターは前月のプラス27から0にまで落ち込みました。

なお、算出対象の16業種中でDIがプラス(上方修正銘柄が下方修正銘柄を上回る)だった業種は12業種。マイナス(下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回る)はなし、変わらずは4業種でした。

 

業種別DI9月

東芝への業績上方修正期待が続く

個別銘柄を対象に3カ月前の予想純利益と比較して上方修正率、下方修正率がそれぞれ大きな銘柄をピックアップしてみました。最も上方修正率が大きかった銘柄は東芝(6502)でした。同社は半導体メモリー事業を「日米韓連合」に売却する方針を決議したと発表。財務体質改善の期待が高まっているようです。
半面、最も下方修正率が大きかったのは、北陸電力(9505)でした。同社は、石油火力発電の増加による燃料費の増加などから、2017年4~9月の連結純利益が前年同期比88%減の5億円程度になりそうだと発表しました。

<上方修正率の大きい銘柄トップ5>
▽3カ月前比で純利益の上方修正率の大きい銘柄上位
コード  銘柄名        予想純利益(百万円) 修正率(%)
9月末  6月末
1  6502  東 芝      663,000   285,417    132.29
2  7752  リコー        13,755     8,390     63.95
3  9107  川崎船        11,000     6,990     57.37
4  5411  JFEHD  141,575    98,417     43.85
5  5406  神戸鋼        39,900    29,390     35.76

<下方修正率の大きい銘柄トップ5>
▽3カ月前比で純利益の下方修正率の大きい銘柄上位
コード  銘柄名     予想純利益(百万円) 修正率(%)
9月末    6月末
1  9505  北陸電         5,200     8,300       -37.35
2  9984  ソフトバンクG   494,608   652,245    -24.17
3  9509  北海電        13,750    17,183     -19.98
4  9064  ヤマトHD    18,430    22,160     -16.83
5  4751  サイバエージ     14,498    17,343      -16.40

※9月29日時点。最終赤字の銘柄は除く。直近3カ月前とも5社以上のアナリストが業績予想を出している銘柄が対象

 

contact_btn

 

 

関連記事

  1. 業績期待指数、製造業で弱気見通し増 「食料品」「鉄鋼」はマイナス圏転落 11月末

  2. 業績期待指数、製造業で一段と上昇、金融はマイナス転落

  3. 鉄鋼業に対して一転強気見通し 「鉄冷え」からの脱却期待高まる

  4. 非製造業・金融で強気見通しが増えるが、製造業がブレーキに

  5. 全産業で弱気見通し増えるなか、ニチイ学館 の上方修正期待強まる

  6. 米新車販売の減速を受けて、輸送用機器の弱気見通し増える

  7. 強気な業績予想増え、全産業DIは6カ月連続改善

  8. 製造業への期待が高まる一方、非製造業には弱気

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP